日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 黒島でスカーレット視聴率急降下

黒島結菜は疫病神!? 朝ドラ新キャストが『スカーレット』登場で視聴率が急降下

文=田中七男

黒島結菜

 戸田恵梨香がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『スカーレット』に、新キャストとして、若手女優・黒島結菜が登場したが、それに比例するかのように視聴率が急降下してしまった。そのため、黒島には「疫病神だ!」といった気の毒な声が飛び交っているという。

 黒島は、主人公の川原喜美子(戸田)と、夫・八郎(松下洸平)の工房に押しかけ、強引に弟子入りする、陶芸家志望の松永三津役を演じている。初登場となった第81話(8日)の視聴率は19.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)でまずまずだったが、その後、18.6%→18.4%→18.0%と右肩下がり。同週(第14週、6日~11日)の週間平均視聴率は18.2%で、自己ワーストだった第10週(昨12月2日~7日)の18.7%を大きく下回り、最低記録を更新。さらに週が明けた13日も17.5%と急落し、黒島の登場とともに視聴率が落ちてしまった。

「朝ドラは視聴習慣に左右されてしまいます。年末年始が入って、1週休みになったため、連休明けの視聴率が振るわなかったのは致し方ない面もあるでしょう。ただ黒島の登場と、時を同じくするように数字が下がったのでは、その原因が彼女にあると言われかねません」(テレビ誌ライター)

 黒島が演じる三津は物怖じしない性格で、師匠の八郎や喜美子にも、はっきり物を言うタイプ。インパクトのあるキャラクターで、地味な印象の『スカーレット』に、まさしく“新しい風”を吹かせている。

「三津のキャラが現状では視聴者に受け入れられていないのかもしれませんが、今後のストーリー展開上、重要なキーパーソンとなります。浸透すれば、視聴者が受ける印象も変わり、視聴率も回復していくんじゃないでしょうか」(同)

 黒島の朝ドラ出演は、『マッサン』(2014年後期)に続いて早くも2作目。NHK大河ドラマにも、『花燃ゆ』(15年)、『いだてん~東京オリムピック噺』(19年)に出演。17年9月から12月に放送された、NHK総合の土曜時代ドラマ『アシガール』では主演にも起用されており、朝ドラヒロインの有力候補に名が挙がるほど、NHKに重宝されている。

 それだけに、『スカーレット』でも高評価で終えたいところで、この先の黒島の“演技力”に期待してみたい。

最終更新:2020/01/21 13:27

黒島結菜は疫病神!? 朝ドラ新キャストが『スカーレット』登場で視聴率が急降下のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

話題の「バ美肉」マンガ2選

令和になってもYouTuberの勢いは止まりませ...…
写真
インタビュー

瓜田純士「人生3回目の花が咲く?」

 東京五輪イヤーが幕を開け、日本は果たしてどう変わるのか? 千里眼とプロファイル力を...
写真