本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

戸田恵梨香、朝ドラで恋人役のイケメン俳優と深夜密会報道でNHK関係者が戦々恐々

文=本多圭(ほんだ・けい)

戸田恵梨香

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカレーレット』で主役を務める女優・戸田恵梨香。11月末まで平均視聴率20%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)前後、視聴者満足度も上昇中と好調を維持しているが、11月19日に発売された「女性自身」(光文社)が、ドラマで共演中のイケメン俳優・松下洸平と戸田の「深夜の親密酒場現場」を報じ、ドラマ関係者を慌てさせている。

「『スカレーレット』は、前作の『なつぞら』が朝ドラ100作目という話題性もあって高視聴率で終わっただけに、低視聴率が危惧されていましたが、20%前後の視聴率をキープして関係者をホッとさせていたところ。しかし、それも束の間。今回、深夜の飲酒が報じられた松下とは、現場でも親密な関係が噂されていただけに、ドラマ終了前に“熱愛スキャンダル“が発覚することをドラマスタッフは恐れていますよ」(出演者の事務所関係者)

 2年に1回の周期で男を変えることから“恋愛依存体質“とみられてきた戸田は、『スカーレット』のヒロインに抜擢される昨夏まで、月9ドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 3rd season』(フジテレビ系)で共演した5歳年下俳優・成田稜と同棲していた。

 だが、朝ドラの主要な視聴者となる主婦層がゴシップを嫌うことを意識してか、“断捨離”と称してインスタグラムをすべて削除。成田とも別れ、女優業に専念していた直後のことだった。

「以前は、ドラマの収録中でもカレシだけではなく親しいお笑い芸人や女友達を呼んで、行きつけの中目黒のバーで朝方まで大騒ぎしていたんですが、朝ドラのヒロインに決まってからは、ピタっと夜遊びもやめた。女優魂に火がついたんでしようね」(戸田の飲み仲間だったモデル関係者)

 実際、戸田は、女性陶芸家を演じるにあたって、約3カ月間にわたって陶芸を習い、技法を習得。陶芸家としての説得力を持たせるため、体重も5キロ増やしたという。

 その甲斐あってか、9月にドラマ放送がスタートすると、当初危惧されていた視聴率も20%台を維持するなど好調な出足をみせたが、ここにきて、「女性自身」に、ドラマで恋人役を演じる松下との深夜の飲酒現場が報じられた格好だ。

「45話から登場している松下は、2008年に歌手デビューした後、俳優活動をスタートさせ、舞台やドラマなどで活躍していますが、まだ無名に近いイケメン俳優です」(ドラマ関係者)

「女性自身」の記事タイトルは「戸田恵梨香 恋人役と深夜の親密酒現場!朝ドラ病欠理由も一緒」。同誌によれば、10月下旬に戸田が体調不良で朝ドラ収録を休んだ際、松下もその2日前に病欠していたのだが、その理由とタイミングが重なったことでスタッフの間で「2人に何が?』と噂になったという。

「その期間に、戸田が長期滞在している大阪のホテルに松下がお忍びで現れて、部屋で密会していたという情報もあります。以前から、収録現場でも撮影の合間に松下が戸田の肩を揉んだり、下ネタで盛り上がっていたことから、2人は怪しいと言われていました」(前出のドラマ関係者)

 今回、「女性自身」が深夜の飲酒を報じたことで、今後、週刊誌がマークし決定的な熱愛報道が出れば、視聴率に影響するだけにドラマスタッフは戦々恐々としているというが、他方、前出のモデル関係者は、「彼女は一線を越えると、人前で相手の男性との関係を隠せなくなる。素直なんです。約1年、男断ちしただけでもたいしたものですよ」とエールを贈る。

 ちなみに、これまで戸田と熱愛の噂が囁かれた芸能人といえば、成田以外にも関ジャニ∞の村上信五や俳優・綾野剛、勝地涼らがいるが、彼らは戸田との交際時はさほど売れていなかったものの、破局後ブレイクしたという共通点がある。それだけに一部では“あげまん女優“とも言われている戸田だが、松下も彼らに続いてブレイクできるのか? ドラマ終了まで約3カ月、熱愛の行方ともども注目したい。

本多圭(ほんだ・けい)

本多圭(ほんだ・けい)

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。

サイト:記事一覧

最終更新:2019/12/14 07:00

戸田恵梨香、朝ドラで恋人役のイケメン俳優と深夜密会報道でNHK関係者が戦々恐々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

話題の「バ美肉」マンガ2選

令和になってもYouTuberの勢いは止まりませ...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

 チロル帽を被った男が猟銃を手に大阪・三菱銀行北畠支店を襲撃し、行員らを人質に立て篭...
写真