日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 阪神、“危機管理の低さ”を露呈

阪神タイガース、守屋投手DV報道で“危機管理能力の低さ”を露呈「今後も同じことが起こる」

文=日刊サイゾー

「阪神タイガース」公式サイトより

 妻への暴力行為で兵庫県警西宮署に書類送検されていたプロ野球、阪神タイガースの阪神の守屋功輝投手。先日、本人は自ら記者会見を開き一報を報じた「週刊文春」(文藝春秋)の報道内容を否定したが、改めて露呈したのは人気球団の危機管理能力の低さだ。

 一昨年まで2軍で泣かず飛ばずだった守屋は昨年、矢野燿大監督に引き上げれた形で主に中継ぎ投手として活躍。オフの契約更改では年俸が一気に3倍以上に跳ね上がる推定2,300万円でサインしている。

 球界ではしばしば、女性関係のトラブルが発生しており、その度に各球団で雇われた警察OBの職員が奔走するという。ちなみに、今回の場合は「DVのはじまりは数年前からとされており、文春砲を食らうきっかけの一因は年俸がアップしたことでは、との見方が強い」(球界関係者)という。

12

阪神タイガース、守屋投手DV報道で“危機管理能力の低さ”を露呈「今後も同じことが起こる」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

本性としての暴力と協力(後編)

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真