日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 三田アナの結婚で視聴率急落危機

三田友梨佳、“フジのエース女子アナ”になった途端の結婚で、担当番組が視聴率急落の危機

文=田中七男

フジテレビ公式サイトより

 フジテレビの“エース女子アナ”三田友梨佳アナが、30代の男性会社員と結婚したことが明らかになった。むろん、おめでたい話なのだが、同局では人気降下の危機に手放しでは喜べない事態だという。

 三田アナは父が明治座社長で、実家は老舗料亭・玄冶店濱田家で、母がおかみを務めており、まさにお嬢様中のお嬢様。青山学院大学国際政治経済学部を卒業後、2011年4月に同局に入社。局の期待を一身に集め、○○パンシリーズの“7代目”ミタパンを襲名。『めまましテレビ』『めざましどようび』『ワイドナショー』『直撃LIVE グッディ!』などを担当。私生活では、14年にプロ野球・埼玉西武ライオンズの金子侑司内野手との交際が発覚したが、17年に破局したとされる。

 大きな転機となったのは、本格的な報道へのチャレンジだった。昨年4月から、『FNN Live News α』のメインキャスター(月曜から木曜)、『Mr.サンデー』のアシスタントに就任。これまで、情報番組の担当が長く、当初は不安視もされていたが、評価はジワジワ上昇。昨年12月に発表された『第16回好きな女性アナウンサーランキング』では、初めて6位にランクイン。フジテレビで長らくトップの座に君臨した山崎夕貴アナとの立場を逆転させた。

12

三田友梨佳、“フジのエース女子アナ”になった途端の結婚で、担当番組が視聴率急落の危機のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

東海テレビが記録映画を作るワケ

 東海テレビが制作し、東海テレビの放送エリアだけで流れたドキュメンタリー番組『さよなら...
写真