日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 三田アナの結婚で視聴率急落危機

三田友梨佳、“フジのエース女子アナ”になった途端の結婚で、担当番組が視聴率急落の危機

文=田中七男

人気では加藤綾子も抜き、名実共にフジのエース女子アナに

 さらに、三田アナと同時期に、先輩でOGの加藤綾子アナが『Live News it!』のMCに起用され、報道に挑戦したが、こちらは視聴率が低迷し、その評価もイマイチ。同ランキングで、加藤アナは18年には3位だったが、昨年は10位まで転落。人気の面でも三田アナが、“夕方の顔”の加藤アナを上回り、名実共にフジテレビの“エース女子アナ”を襲名することになった。

「今まで、三田アナはルックス先行型でした。ところが報道を担当するようになって、アナウンサーとしての力量が評価されるようになったんです。ただ、容姿端麗だけに圧倒的に支持層は男性視聴者。結婚で人気が落ちてしまうと、担当番組の視聴率が下がってしまいかねません。特に『Mr.サンデー』は、ここのところ着実に2ケタをキープしている人気番組ですから、三田アナの結婚が影響しなければいいのですが……」(女子アナウオッチャー)

 現状、同局には若手、中堅に三田アナに取って代われるだけの実力とルックスを兼ねそろえた女子アナが見当たらない。それだけに、同局としては、三田アナの結婚によるダメージが最小限ですむことを願うばかりだろう。

最終更新:2020/02/01 22:22
12

三田友梨佳、“フジのエース女子アナ”になった途端の結婚で、担当番組が視聴率急落の危機のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

40バイト芸人のふとした“オチ”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

劇作家が語るコロナ禍と誤解

 新型コロナウィルスの影響によって、音楽ライブや演劇といったライブパフォーマンスが危...
写真