日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > ブシロードが家虎根絶を宣言!

ブシロードが「家虎」根絶を宣言! アイドル&声優現場の“迷惑行為”はなぜなくならない?

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:josemanuelerre

 ゲームやキャラクターコンテンツを手掛ける「ブシロード」の創業者である木谷高明氏が2月2日、声優・アニメ系ライブでの「イエッタイガー」(家虎)というファンによるコールを根絶するとツイッターで宣言した。同コールを発した観客の退出やブラックリスト化、さらには損害賠償請求などの法的手段に出ることも検討するという。

「イエッタイガー」は元々女性アイドル現場で一部のファンが使っていたコール。間奏明けの音がないブレイク部分で叫ばれることも多く、“曲の雰囲気を壊す”として反発するファンも多かった。アイドル事情に詳しいエンタメライターはこう話す。

「『イエッタイガー』の起源は諸説ありますが、2018年に解散したベイビーレイズJAPANの『夜明けBrand New Days』という曲で大きく広まったと言われています。この曲は人気曲ではあるものの、イエッタイガーの後にサイリウムが投げられるなどの過剰な盛り上がりを見せることもあり、マナーの悪化を助長する楽曲という見方もありました。アイドル現場では比較的イエッタイガーは受け入れられていましたが、声優系のライブでは迷惑行為とみなされることが多かった。イエッタイガーをやめてくれと要請する演者も少なくないです」

 アイドル現場や声優現場では、イエッタイガーのようなファンによる特殊な応援方法があり、その是非について議論されることも多い。

「たとえばイントロ部分なんかで“言いたいことがあるんだよ……”などと長いセリフをファンが叫ぶ『ガチ恋口上』というものがあります。ファンにしてみれば、ステージ上のアイドルや声優に対する愛情を叫んでいるということでしょうが、曲もあまり聞こえなくなるし、雰囲気がぶち壊しになることもある。ガチ恋口上もまた、一部では反発される応援です」(同)

12

ブシロードが「家虎」根絶を宣言! アイドル&声優現場の“迷惑行為”はなぜなくならない?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

金爆「もう紅白に出してくれない」現実に

 2年ぶりに有観客で開催される『第72回NH...…
写真
インタビュー

コント師・ロングコートダディ

最近お笑いの賞レースで、ロングコートダディの名前を見る機会が増えた。「脱力系」「とらえど...
写真