日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 石橋貴明、“最後の悪あがき” へ

フジ局内も安堵の空気!? 石橋貴明、唯一のレギュラー番組終了で“最後の悪あがき” へ

文=日刊サイゾー

とんねるず・石橋貴明

 とんねるず・石橋貴明の唯一のレギュラー番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が6月末で終了する方向で話が進んでいることを、発売中の「女性自身」(光文社)が報じている。

 とんねるずといえば、長年、フジの“お抱え”と呼んでも差し支えのないほどの蜜月ぷりだったが、2018年3月に長寿の冠バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」が終了。以後、「たいむとんねる」が石橋にとって唯一のレギュラー番組となっていた。

「フジ上層部お気に入りのとんねるずだったが、ギャラが高額なうえ、時代錯誤のネタや企画で徐々に数字が取れなくなり、現場からは不満の声が上がっていた。そんな状況が長かっただけに、さすがに上層部も番組終了の決断を下すしかなかったようで、これには局内にも安堵の空気が流れています」(フジテレビ関係者)

『みなおか』の終了により、木梨憲武とのコンビでのレギュラーは、年に2回放送されているテレビ朝日系の特番『夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル』のみ。それ以外はそれぞれソロで活動していることもあり、解散説の信ぴょう性がここにきて一気に高まっている。

『たいむとんねる』は『みなおか』の終了直後の18年4月にスタート。当初は“大人のノスタルジー”をコンセプトにバブル期の流行などを取り上げたが、視聴率は2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)台にまで低下。昨年4月からは、番組開始当時からのレギュラーだったミッツ・マングローブが何の説明もなく降板するなど、目に見えて“異変”は起きていた。

12

フジ局内も安堵の空気!? 石橋貴明、唯一のレギュラー番組終了で“最後の悪あがき” へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

土方歳三、残虐すぎて映像化不可能な人間性

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

8歳から内職、経験職種は100種類…作家「爪切男」

 デビュー作『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)で自分の愛した女性たちを描き、ドラマ化さ...
写真