日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 槇原逮捕で思わぬ余波!?嵐の曲

嵐に思わぬ余波!? 槇原敬之逮捕で東京五輪セレモニー使用曲の差し替えの混乱も

文=日刊サイゾー

 槇原敬之容疑者が覚せい剤などの所持で逮捕されたことにより、ヒット曲『世界に一つだけの花』の取り扱いが議論を呼んでいる。

「槇原容疑者が作詞・作曲し、2003年にSMAPのシングル曲として発売された同曲は、300万枚を超える大ヒットとなりました。現在は小学4年生の『道徳』の教科書で取り上げられていて、歌詞の意味を生徒に問いかけているのだそう。しかし、槇原容疑者の逮捕を受け、抹消すべきかどうかの論争が起きている。来年度用の教科書はすでに出来上がっているため、そのまま使用されますが、ネット上では『覚せい剤の力を使って作った曲』『作品には罪はない』などさまざまな意見が聞かれます」(週刊誌記者)

 テレビ各局は槇原容疑者の楽曲を差し替える動きを見せている一方で、カラオケランキングでは『世界に一つだけの花』『もう恋なんてしない』が急上昇する現象も起きているようだが、そんななか、立ち消えになったのが東京五輪で使用するというプランだという。

12

嵐に思わぬ余波!? 槇原敬之逮捕で東京五輪セレモニー使用曲の差し替えの混乱ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

望月歩、月9『朝顔』で存在感見せる

 今年、大河ドラマ『麒麟がくる』や、連続テレビ小説 『エール』に抜擢された望月歩は、...
写真