日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 槇原敬之が所持した薬物に衝撃

肛門がゆるくなる!? 槇原敬之が所持してた「RUSH(ラッシュ)」の効果に世間が衝撃

文=日刊サイゾー

槇原敬之

 あのさわやかな名曲の数々のイメージが……。

 2018年に当時の自宅で覚醒剤と危険ドラッグのラッシュを所持したとして、2月13日、歌手の槇原敬之容疑者が覚醒剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法違反(指定薬物の所持)の疑いで逮捕された。

「槇原容疑者は2年前に、東京・港区の当時の自宅マンションで、覚せい剤およそ0.083グラムとRUSHと呼ばれる危険ドラッグ約64・2ミリリットルを持っていた疑いが持たれています。槇原と一緒に暮らし、個人事務所の社長をしていた“恋人”が18年に逮捕されているのですが、トラブルを機にその彼に裏切られたことが、今回の逮捕につながったようです」(スポーツ紙記者)

 1999年にも覚醒剤で逮捕されている槇原容疑者だが、今回世間をざわつかせているのは、もう一つのドラッグのほう。

「覚せい剤の他に所持していたRUSHについて調べた人たちが、その効果を知って衝撃を受けています。RUSHは“ラブ・ドラッグ”とも言われ、吸引すると性的興奮を高める作用があるようです。RUSHは即効性が高く、持続時間が短い、そして肛門が緩むという効果を得られることから、その筋の人たちのプレイでは隠れた御用達ドラッグとなっているのだとか。それを知って、槇原容疑者の下半身がクローズアップされています」(週刊誌記者)

 また、槇原容疑者の“性癖”がそれに輪をかけて生々しさを増長しているという。

12
関連キーワード

肛門がゆるくなる!? 槇原敬之が所持してた「RUSH(ラッシュ)」の効果に世間が衝撃のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

インタビューまとめ

 新年あけましておめでとうございます! ゴシップサイトとして名を馳せる日刊サイゾーで...
写真