日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 槇原敬之の逮捕はなかった?

SMAPが健在なら槇原敬之の逮捕はなかった!? 2度の事件で再確認する飯島マネの豪腕ぶり

文=日刊サイゾー

槇原敬之

 覚せい剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法(旧薬事法)違反の疑いで逮捕された歌手・槇原敬之容疑者。1999年以来2度目の逮捕となる。

 「前回は覚せい剤とMDMAを所持して逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けています。逮捕されたのは1999年8月で、2000年11月にはニューアルバムをリリースし、活動を再開させています。活動休止期間は短めだったのですが、復帰直後は薬物のイメージも強く、すぐにそれまでと同じように活動できたわけではありません」(音楽事務所関係者)

 槇原敬之が再び音楽シーンに名を轟かせるきっかけとなったのが、2003年にSMAPに提供した「世界に一つだけの花」の大ヒットだった。

「『世界に~』がヒットしたおかげで、槇原は完全に覚せい剤逮捕のイメージを払拭することになりました。他のアーティストへの楽曲提供も増え、番組のテーマソングを手掛けることも多かった。『世界に~』は教科書にも載りましたしね。これはイメージがいいシンガーソングライターだからこそのことです」(同)

 槇原のイメージ回復の裏には、当時SMAPのチーフマネジャーだった元ジャニーズ事務所の飯島三智氏の存在が大きかったともいわれている。

「当時のSMAPは芸能界のトップに君臨するグループで、飯島さんの手腕もあり、多くのメディアを掌握していたと言っても過言ではない。飯島さんが右を向けば、メディア全体が右を向くような時期でした。そして、SMAPの楽曲制作者の人選について飯島さんが強い権限を持っていて、槇原を選んだのも飯島さんだと言われています。飯島さんがいなかったら『世界に~』は生まれなかったし、槇原の復活もなかったということです」(同)

12

SMAPが健在なら槇原敬之の逮捕はなかった!? 2度の事件で再確認する飯島マネの豪腕ぶりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

実話ベースの珠玉作『義足のボクサー』

 檻の中に閉じ込められていた魂が自由を手に入...…
写真
インタビュー

上野「CASTLE RECORDS」の大きすぎる功績

 2009年に東京・上野のアメ横センタービルにオープンした、国内のヒップホップの作品...
写真