日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 槇原敬之の逮捕はなかった?

SMAPが健在なら槇原敬之の逮捕はなかった!? 2度の事件で再確認する飯島マネの豪腕ぶり

文=日刊サイゾー

槇原敬之

 覚せい剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法(旧薬事法)違反の疑いで逮捕された歌手・槇原敬之容疑者。1999年以来2度目の逮捕となる。

 「前回は覚せい剤とMDMAを所持して逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けています。逮捕されたのは1999年8月で、2000年11月にはニューアルバムをリリースし、活動を再開させています。活動休止期間は短めだったのですが、復帰直後は薬物のイメージも強く、すぐにそれまでと同じように活動できたわけではありません」(音楽事務所関係者)

 槇原敬之が再び音楽シーンに名を轟かせるきっかけとなったのが、2003年にSMAPに提供した「世界に一つだけの花」の大ヒットだった。

「『世界に~』がヒットしたおかげで、槇原は完全に覚せい剤逮捕のイメージを払拭することになりました。他のアーティストへの楽曲提供も増え、番組のテーマソングを手掛けることも多かった。『世界に~』は教科書にも載りましたしね。これはイメージがいいシンガーソングライターだからこそのことです」(同)

 槇原のイメージ回復の裏には、当時SMAPのチーフマネジャーだった元ジャニーズ事務所の飯島三智氏の存在が大きかったともいわれている。

「当時のSMAPは芸能界のトップに君臨するグループで、飯島さんの手腕もあり、多くのメディアを掌握していたと言っても過言ではない。飯島さんが右を向けば、メディア全体が右を向くような時期でした。そして、SMAPの楽曲制作者の人選について飯島さんが強い権限を持っていて、槇原を選んだのも飯島さんだと言われています。飯島さんがいなかったら『世界に~』は生まれなかったし、槇原の復活もなかったということです」(同)

12

SMAPが健在なら槇原敬之の逮捕はなかった!? 2度の事件で再確認する飯島マネの豪腕ぶりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ジャニーズ、滝沢政権でどう変わる?

 これまで週刊誌などで数々のスキャンダルが報...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真