日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > カジサック、技術担当から不満

カジサック、芸人YouTuberとして大儲けも技術スタッフは「ギャラが安い」と不満爆発

文=日刊サイゾー

カジサック

 有名人が続々とYouTubeの公式チャンネルを開設しているが、その先駆的な成功者と言えるのが、カジサックことキングコング梶原雄太だろう。YouTuberとなってからの月収は数百万円、年収は1億円に迫る勢いだと言われている。

「再生回数によって収入が変わってくるので、かなり流動的ではありますが、芸能人YouTuberの中ではトップクラスであることは間違いない。“取り分”も他の吉本芸人に比べるとかなり多いようです」(メディア関係者)

 吉本興業所属の芸人がYouTubeで公式チャンネルを開設する場合、その収益は基本的に一旦吉本に入り、そこから決まったパーセンテージが芸人に分配されるシステムになっている。

「芸人自らが編集やアップ作業など技術的な面を行う場合は、YouTubeから入るお金の8割が芸人の取り分で、2割が吉本の取り分となるのが基本。吉本側が技術スタッフを用意する場合は、芸人6割、吉本4割になるそうです。でも、カジサックの場合は、カジサック側が技術スタッフを用意しています。つまり、カジサック8割、吉本2割のはずなんですが、なぜだかカジサック9割で吉本1割なのだとか。つまり、カジサックは“取り分”において優遇されているということ。だからこそ収入も多いのではないでしょうか」(同)

 技術スタッフへの報酬は、カジサックの取り分である“9割”のなかから支払われることになる。しかし、技術スタッフのなかには報酬に対する不満もあるようだ。お笑い関係者はこう話す。

「カジサックの動画制作スタッフのギャランティーが、かなり少ないらしいんですよ。結構時間かけて働いても、1本あたりのギャラは変わらないようで、時給に換算するとかなり安いものになってしまうのだとか。“あれだけ儲かっているのに、金払いが悪すぎるだろ!”と不満が爆発しています」

 芸能界トップのYouTuberなのだから、制作スタッフにも利益をしっかり還元すべきだが、そうはなっていないというわけだ。

12

カジサック、芸人YouTuberとして大儲けも技術スタッフは「ギャラが安い」と不満爆発のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ワンダーウォール』が劇場版に

 文化遺産が数多く残る京都市のなかでも、ひと...…
写真
インタビュー

ほどほどYouTuberに聞く

「歩くたびにおっぱいが大きくなる靴」「社会人のための会社を休む理由をランダムで生成す...
写真