日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 音楽番組が次々と復活する理由

放送枠に大幅な空き枠が!? テレビ業界で「音楽番組」が次々と“復活”の意外な理由

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:josemanuelerre

 今春、地上波の民放テレビ局が一気に「音楽番組」を復活、放送させている。このタイミングで何故、スポットを浴びているのだろうか?

 3月だけでも特番として『Premium Music 2020』(日本テレビ系)が放送され、3月21日にはフジテレビ系で『FNS音楽特別番組 春は必ず来る』がオンエア。4月からはTBSのゴールデンタイムでは27年ぶりとなる『CDTV ライブ! ライブ!』がスタートする。

「これまで、ゴールデンタイムでの音楽レギュラー番組は『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)だけ。他局も音楽番組をやることはやっているのですが、いずれも深夜帯での放送でした」(民放テレビ局関係者)

 趣味趣向が分散され、1990年代までのような「驚異的な視聴率を音楽番組で取るのは至難の業」(同)という。だが、裏ではやむにやまれぬ事情があったという。

「東京五輪の延期が決まり、今夏の放送枠に大幅な空き枠が生じるからです」と語るのは、さる民放テレビに出入りする中堅放送作家。

「社会情勢を見て、テレビ各局は2月に入ってから急ピッチで延期、あるいは中止に備えた編成会議を始めた。その中で、大幅に放送尺を埋められる音楽番組が手っ取り早いと決断したようです。アーティストの出演も基本的にはプロモーションなので、出演料は抑えられることもあり、低予算で制作することも可能。ただ昨今の状況を見て出演を見合わせるアーティストも出てきそうですが……」(同)と苦笑する。

 近年は大規模なヒット曲が生まれず苦戦している音楽業界。緊急登板で立ち上がる音楽番組に花を添えられるか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/06 10:30

放送枠に大幅な空き枠が!? テレビ業界で「音楽番組」が次々と“復活”の意外な理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真