日刊サイゾー トップ > スポーツ > 格闘技  > 猪木、パチンコ業界イジリ

あれほど世話になったのに!? アントニオ猪木、異例の“パチンコ業界イジリ”は決別宣言か?

文=日刊サイゾー

アントニオ猪木

 元プロレスラーの“燃える闘魂”アントニオ猪木が26日夜に投稿したツイートの内容が話題を呼んでいる。

 邸宅の玄関先と思われる場所で動画出演した猪木は、不要不急の外出自粛要請の中、営業を続け問題となっているパチンコ店について触れた。木の杭、植物の枝、ハンマー、さらにはハサミの小道具を準備して「出る杭は打たれる、出る枝は切られる…」と言った後、「出るパチンコ屋は閉めさせられる」とつづり、最後は「出る」に引っかけて「デルモンテ」などとジョークを交えながら、恒例の「1、2、3、ダッ!!」と締めくくった。

 だが、芸能関係者は「猪木さんにとって、これまで散々世話になった業界をイジるのは、かなり異例のことだと思う」と驚愕している。

「もともと興行のスポンサーになるなどプロレスはじめ格闘技界はパチンコ業界と密接ですが、特に猪木さんはパチンコ、パチスロで数多くの機種がリリースされるなど、結びつきが強い。昨今問題視されている各都道府県知事による休業要請をスルーしていまだに営業する一部パチンコ店については、ついは店名が公表される事態にまで発展している。こういう時は触らないのが一番なのですが、すでに政界引退して隠居している猪木さんには関係ないのでしょう。世話になった業界とある種“決別”なのかもしれませんね」

 どちらにせよ、ほとんどのパチンコ店が要請に従って経営がほとんど成り立たなくなっている事実もあり、猪木流の“励まし”だったのかも?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/29 10:15

あれほど世話になったのに!? アントニオ猪木、異例の“パチンコ業界イジリ”は決別宣言か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ビートたけし、裏の素顔

 レギュラーを務めるTBS系情報番組『新・情...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真