日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > アントニオ猪木、体調不安と副業

アントニオ猪木、「元気ですか!」が言えなくなった体調不安と“あのサイドビジネス”の現在

ツイッター:アントニオ猪木(@Inoki_Kanji)より

 “燃える闘魂”アントニオ猪木が変わり果てているという。

  今月6日に大田区総合体育館で、「新日本プロレス東京ドーム2連戦」でレスラー人生に終止符を打った獣神サンダー・ライガーの引退セレモニーが行われ、猪木はビデオメッセージで惜別した。

 おなじみ「元気ですかー!」で画面に登場したまでは良かったが、血色は悪く、体もひと回り小さくなった印象だ。猪木は「元気を売り物にしてきたけれども、俺もう身体がボロボロなんだ」と明かし「もう俺は酒が飲めなくなっちゃったんだけど、まぁそれはともかく、美味しいものを食べながらね、また若い人たちに夢を贈れるように、頑張ってもらいたいと思います」とライガーにエールを送った。

 猪木は昨年8月に妻の田鶴子さんに先立たれ、自らも腰痛や持病の糖尿病が悪化し、最近は車イスで移動している。プロレス担当記者は「猪木さんも76歳ですしね。もう完全にお爺ちゃん。『元気ですか~!と言ってるけど、俺が元気をもらいたいくらいだよ』と常々話しています」と語る。

 この日はライガーにメッセージを送った猪木だが、周囲には「もうプロレスには興味がない」と告白。かと言って、独自のパイプを持つ北朝鮮についても「国から圧力をかけられていて、公に話すことができない」とこぼしているという。

 もっかの関心事はサイドビジネスらしいが、こちらもまた苦戦を強いられている。事情を知る関係者が証言する。

「猪木さんは昔からロマンを追い求める人。それゆえに、いろいろな人にダマされて投資して、損してきた。宝物船の引き上げや、健康食品……ここ数年は外部からのエネルギーを一切使用せずに運動を続けるという『永久電機』の発明に大枚を投じている。実現すれば、とんでもないリターンが期待できるが、案の定、雲行きは怪しい。このところ進捗が伝わってきません」

 今もなお強烈なカリスマ性を誇るだけに、猪木の元には多くのマスコミが集まるが「そこでも話はプロレスや北朝鮮ではなく、永久電機のことばかり。記者は内心『またダマされてるよ……』と思っても、本人には誰も言えないんですが」(スポーツ紙記者)

 猪木らしいと言えばらしいが、最近の元気のなさは気になるところ。まだまだプロレス、格闘技界を引っ張って欲しいものだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/01/21 13:12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真