日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 内野聖陽、坂本龍馬役の完成形

『JIN-仁-』再放送で、内野聖陽の演技が「坂本龍馬役の完成形」と再脚光

文=日刊サイゾー

TBS公式サイトより

 改めて「名作」だったと視聴者の心を打ったようだ。

 大沢たかおが主演し、2009年10月期と11年4月期に放送されたドラマを再編集した『JIN-仁- レジェンド』の完結編が5月3日放送された。

 4月18日から3週連続で土日に3時間放送され、いずれも2桁視聴率を獲得していたが、感動のクライマックスにネット上では号泣報告が多数見られた。

 そんななか、「圧倒的な演技力」として改めて脚光を浴びたのが、坂本龍馬を演じた内野聖陽だ。ネット上では「内野さんで坂本龍馬役はほぼ完成形まで作り上げられた」「現時点ではこれ以上の坂本龍馬はいない」「何度見てもハマり役」との声が後を絶たない状況となっている。

「これまで武田鉄矢、福山雅治、江口洋介、小栗旬、渡辺謙、真田広之、浜田雅功などがそれぞれの味を出して坂本龍馬を演じてきました。とりわけNHK大河『龍馬伝』の福山はカッコ良さでは群を抜いていて、世間の印象も強い。しかし、内野に関しては龍馬のだらしなさ、情けなさ、豪胆さ、人たらしなところとか、人々が思い描く龍馬そのものを演じきっていたように思います」(テレビ誌ライター)

 そんな内野にはこんな撮影秘話もあったようだ。週刊誌記者が言う。

「撮影前に高知県までわざわざ出向いていて、居酒屋で土佐弁が飛び交うのを聴いて土佐弁習得に励んだそう。結果、地元の人たちが『上手い!』と認めたほど高い完成度に仕上げました。龍馬を尊敬する武田鉄矢は『JIN-仁-』では緒方洪庵を演じていますが、『坂本龍馬は私が演じたかったのですが、内野さんの演技を見たらもう彼に譲るしかありませんでした』と脱帽しています」

 新型コロナによる撮影ストップで、現在はドラマの再放送が多いが、内野のように再評価されたことで今後重宝される役者が出てくるかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/05 06:15

『JIN-仁-』再放送で、内野聖陽の演技が「坂本龍馬役の完成形」と再脚光のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

トウガラシ名産地の珍なる町おこし

 韓国の町おこしが熱い。以前この連載でも、特...…
写真
インタビュー

バイきんぐ西村の本当の“すごみ”

「キングオブコント2012」で優勝。無名のコンビは一夜にしてその名を世間に轟かせた。...
写真