日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > フワちゃん“2周目”の快進撃
テレビウォッチャー・飲用てれびの「テレビ日記」

リモート収録で存在感がさらにアップ! フワちゃんの“2周目”

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

フワちゃんインスタグラムより

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(5月17~23日)見たテレビの気になる発言をピックアップします。

平成ノブシコブシ・吉村「(リモート収録は)人によって戦力が違う」

 2周目が大事、とよく聞く。世間で注目された芸能人が、その話題性を武器にあちこちのテレビ番組に出演するのが1周目。その後、あらためてそれらの番組に呼ばれるのが2周目だ。

 その2周目が大事。話題性だけでなく実力が評価されるターンに入ったときに、いかに”爪あと”を残せるか。それによってその後、テレビに定着するかどうかが左右される。ここをうまく乗り切らないと”一発屋”になる。そんな話を、若手から中堅にかけての芸人が語っていたりする。

 で、芸能人ではないけれど、リモート収録もまた2周目に入った感がある。

 最近では『笑点』(日本テレビ系)もリモートに切り替わった。流行が終わりかけたころに、林家木久扇が「PPAP」や「本能寺の変」を歌い始め(ちょっとリズムがおかしい)、流行が完全に終わってもしばらく歌い続けている(ずっとリズムはおかしい)。そんな『笑点』で取り入れられたのだから、これはもう2周目だ。

 また、19日の『しくじり先生 お笑い研究部』(AbemaTV)も象徴的だった。この日の企画は、リモート番組での”爪あと”の残し方。出演者は語る。

「(リモート収録は)人によって戦力が違うというか。持ってる機材の質によって優劣がついちゃう」(平成ノブシコブシ・吉村)

「リモートだと結構スベっても平気というか。逆に、これリモートじゃなかったら死んでたやろうなっていうの、何回かあります」(ニューヨーク・屋敷)

「(自宅からのリモート収録では)見せたくないものが見えちゃった演出みたいなのが、これからどんどん複雑になっていくと思うんですよ」(伊集院光)

 最近、バラエティ番組に出る芸人たちが、自分たちの立ち居振る舞いを”テクニック”として語る企画が増えている印象がある。ダチョウ倶楽部がリアクション芸を解説付きで披露する、というネタをしていた時期があるけれど(熱湯風呂は3回目の「押すなよ」で押すとか、熱々おでんのコンニャクは大きめに切るとか)、それが番組でのパフォーマンス全体に広がった感じだ。

 日中の帯番組やゴールデンタイムのバラエティ番組などに出演する芸人が、そこでの細かい技術や心構えを、深夜番組やネット番組などで語る。パフォーマンスを語るパフォーマンスが楽しまれる。そんな二重構造がある中で、リモート収録は早くも”リモートテクニック”や”リモートあるある”が披露される局面に入っている。目新しさが話題になる時期を過ぎ、この2カ月ほどで次のターンに移行している。

 同番組の進行役であるオードリー・若林は、今回の企画の趣旨について、少し自嘲気味にこう語った。

「リモートを使ったさまざまなコーナーを実際にやってみて、みんなでどうやればいいのか、爪あとを残す方法を考えるという企画でございます。もうメタの企画になってますけどもね」

 2周目に入ったリモート収録。果たしてテレビの当たり前として定着していくのだろうか?

12

リモート収録で存在感がさらにアップ! フワちゃんの“2周目”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

“事務化したテロ”の時代

今週の注目記事・第1位「『統一教会』と『政治...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真