日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > テレビ日記  > フワちゃん“2周目”の快進撃
テレビウォッチャー・飲用てれびの「テレビ日記」

リモート収録で存在感がさらにアップ! フワちゃんの“2周目”

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

フワちゃんインスタグラムより

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(5月17~23日)見たテレビの気になる発言をピックアップします。

平成ノブシコブシ・吉村「(リモート収録は)人によって戦力が違う」

 2周目が大事、とよく聞く。世間で注目された芸能人が、その話題性を武器にあちこちのテレビ番組に出演するのが1周目。その後、あらためてそれらの番組に呼ばれるのが2周目だ。

 その2周目が大事。話題性だけでなく実力が評価されるターンに入ったときに、いかに”爪あと”を残せるか。それによってその後、テレビに定着するかどうかが左右される。ここをうまく乗り切らないと”一発屋”になる。そんな話を、若手から中堅にかけての芸人が語っていたりする。

 で、芸能人ではないけれど、リモート収録もまた2周目に入った感がある。

 最近では『笑点』(日本テレビ系)もリモートに切り替わった。流行が終わりかけたころに、林家木久扇が「PPAP」や「本能寺の変」を歌い始め(ちょっとリズムがおかしい)、流行が完全に終わってもしばらく歌い続けている(ずっとリズムはおかしい)。そんな『笑点』で取り入れられたのだから、これはもう2周目だ。

 また、19日の『しくじり先生 お笑い研究部』(AbemaTV)も象徴的だった。この日の企画は、リモート番組での”爪あと”の残し方。出演者は語る。

「(リモート収録は)人によって戦力が違うというか。持ってる機材の質によって優劣がついちゃう」(平成ノブシコブシ・吉村)

「リモートだと結構スベっても平気というか。逆に、これリモートじゃなかったら死んでたやろうなっていうの、何回かあります」(ニューヨーク・屋敷)

「(自宅からのリモート収録では)見せたくないものが見えちゃった演出みたいなのが、これからどんどん複雑になっていくと思うんですよ」(伊集院光)

 最近、バラエティ番組に出る芸人たちが、自分たちの立ち居振る舞いを”テクニック”として語る企画が増えている印象がある。ダチョウ倶楽部がリアクション芸を解説付きで披露する、というネタをしていた時期があるけれど(熱湯風呂は3回目の「押すなよ」で押すとか、熱々おでんのコンニャクは大きめに切るとか)、それが番組でのパフォーマンス全体に広がった感じだ。

 日中の帯番組やゴールデンタイムのバラエティ番組などに出演する芸人が、そこでの細かい技術や心構えを、深夜番組やネット番組などで語る。パフォーマンスを語るパフォーマンスが楽しまれる。そんな二重構造がある中で、リモート収録は早くも”リモートテクニック”や”リモートあるある”が披露される局面に入っている。目新しさが話題になる時期を過ぎ、この2カ月ほどで次のターンに移行している。

 同番組の進行役であるオードリー・若林は、今回の企画の趣旨について、少し自嘲気味にこう語った。

「リモートを使ったさまざまなコーナーを実際にやってみて、みんなでどうやればいいのか、爪あとを残す方法を考えるという企画でございます。もうメタの企画になってますけどもね」

 2周目に入ったリモート収録。果たしてテレビの当たり前として定着していくのだろうか?

12

リモート収録で存在感がさらにアップ! フワちゃんの“2周目”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真