日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 芸人と客の新“ソーシャルディスタンス”
テレビウォッチャー・飲用てれびの「テレビ日記」

オードリー・若林「いまの時代にピッタリよ」 芸人と客の新たな“ソーシャルディスタンス”の萌芽

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

オードリー・若林「いまの時代にピッタリよ」 芸人と客の新たなソーシャルディスタンスの萌芽の画像1
テレビ東京系『あちこちオードリー』公式サイトより

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(5月24~30日)見たテレビの気になる発言をピックアップします。

オードリー・若林「ソーシャルディスタンス開けないと、そういう人たちとは」

 25日に放送された音楽番組『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』(NHK総合)。そこで、”おげんさん”に扮した星野源は言った。

「おげんはとにかくハグがしたいの。みんなと会ってハグしたりしたら、私たぶん泣くわ」

 あらゆる番組でコロナ対策が図られている昨今。この番組の収録も、リモートで行われていた。ただ、画面に星野らの生身の姿はない。4分割されたリモート風の画面に映っていたのは、彼らに似せた2頭身のかわいい人形だった。本人たちが実際に行ったリモート上のやりとりを、人形で再現する形でお送りされていたようだ。

 この期間中、リモート収録で放送された番組をさまざま見たけれど、人形を導入した番組は初めて見た。デジタルとアナログの協働。人形劇を長く手掛けつつ、最新の放送技術の開発にも勤しむNHKならではだ。

 また、星野がお母さん(おげんさん)に、高畑充希がお父さんに、藤井隆が長女になり、架空の家族を演じながらトークしたり歌ったりするこの番組。人形ではなく生身だったら、カツラを被った出演者が背景が殺風景だったりするリモートの画面に並んでいたとしたら、その虚構性は担保できなかったのかもしれない。本物の偽物は手間がかかる。

 そんな誰とも直接交わらずに収録された番組の最後に、人形姿の星野は「とにかくハグをしたい」と言った。

 一方で、26日の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)で、オードリーの若林は語った。

「ホントにもう、距離開けなきゃ駄目。今の時代にぴったりよ。ソーシャルディスタンス開けないと、そういう人たちとは」

 いつもはゲストを招いてトークをするこの番組。この日はコロナ対応で、オードリーの2人だけでお送りされた。で、若手芸人から寄せられた質問に2人が答えていたのだけれど、宮下草薙の宮下からの「芸人がカワイイともてやはされることについてどう思いますか?」との質問への回答の中で出てきたのが、上の言葉だ。

 若林いわく、自分も昔「カワイイ」と言われていた。ネタで春日に近づくだけで「キャー」と歓声があがっていた。当時の自分はそんな反応に「腹わたが煮えくり返って」いたという。ラジオで「そういう人はいらない」とコメントしても、「カワイイ」という反応はむしろ増えていった。で、そういう人とは距離を開けないと駄目。いま振り返ると、ああいう反応は邪魔だったなと思う。

「(10年前のことだけど)いまも邪魔だったなー、と思う。同じ熱で」

 引き離されると距離を詰めたいと思う。ハグをしたいと思う。でも、適度な距離以上に詰めてこられると離れたいと思う。邪魔だなと思う。何でもほどほどがいいけれど、そのほどほどが難しい。緊急事態宣言が全国的に解かれたすぐ後だからだろうか、余計にそう思う。

12

オードリー・若林「いまの時代にピッタリよ」 芸人と客の新たな“ソーシャルディスタンス”の萌芽のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の国葬に「れんほー!」

 今週のホットなニュース・トピックをピッ...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真