日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ライザップゴルフCMが注釈の嵐

高橋克典「ライザップゴルフ」CMが“仰天”注釈の嵐、経営赤字化でなりふり構わぬPRか

文=日刊サイゾー

ライザップゴルフ公式サイトより

 ダイエットでおなじみのライザップは、ゴルフでも“結果にコミット”できるのか──。

 自粛緩和のタイミングとともに、ライザップのゴルフスクールのCMが一斉に流れ始めた。出演しているのは俳優の高橋克典で、CMはダイエットと同様の手法。「レッスン前」の高橋のスイングは素人が見ても酷いが、2カ月のレッスンでスイングは見事に矯正され、画面には「ベストスコア125→88」との文字が大写しされる。たしかにアマチュアゴルファーにとって“100切り”スコアは1つの大きな夢だが、実際にそんなに簡単なことなのか? ゴルフライターは言う。

「高橋克典はベストが125ということで、そこそこ経験があったようですが、まったく初心者でも3カ月程度で100を切り、半年で80台を出すような人はいます。タイガー・ウッズは5歳で100を切ったというエピソードがありますし、競馬の武豊騎手は初ラウンドを99で回り、それ以来ゴルフにハマったと語っています。

 ライザップは2016年にゴルフスクールを始めましたが、専属トレーナーがマンツーマンでつき、評判は悪くありません。16回コースで約35万円という価格は、相場よりもかなり高めですが……」(ゴルフライター)

 短期間で結果を求めるには、高額のレッスン料はやむを得ないのかもしれない。ただし高橋のCMをよく見ると、気になる点がある。それは画面の下に表示された細かい文字だ。この手のCMには注釈が付き物だが、掲げられた文言をチェックすると、「結果には個人差があり……」「別途専属トレーナーによるレッスンを……」といった“お決まりのフレーズ”に加えて、「高橋克典さんは特別な事例です」という一文も登場。特別な事例を広告に使うセンスもスゴいが、これを同社の窮状の表れと見るのは、週刊誌のビジネス記者だ。

「ライザップはここ数年、積極的にM&Aを行って事業規模を急拡大しましたが、これがことごとく失敗して、経営状況はまさに火の車。2018年には、ジョンソン・エンド・ジョンソンやカルビーの業績を急伸させたカリスマ経営者の松本晃氏を招き、経営再建を託しましたが、1年ほどで社を去っています。

 18年度は200億円近い赤字を出したので、19年度は黒字化を目指しましたが、結局60億円程度の赤字となっていた。コロナでもモロにダメージを受けていますから、引き続き経営状況が心配されています。今さらダイエット事業が急伸長することはありませんから、何とかゴルフに活路を見出したいということなのでしょうね」(ビジネス記者)

 ダイエットもゴルフも、短期間で結果を出すのが信条のライザップ。高橋の例を見る限り、ライザップはゴルフでも結果にコミットできるようだが、その前に必要なのは会社自体のダイエットなのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/24 21:45

高橋克典「ライザップゴルフ」CMが“仰天”注釈の嵐、経営赤字化でなりふり構わぬPRかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

石橋貴明、鈴木保奈美との関係性

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真