日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジ、中堅アナ大量離脱で内部崩壊の危機!?

フジテレビ、中堅アナウンサー大量離脱で内部崩壊の危機!? 上昇志向ミタパンはドロ舟低視聴率番組に“見切り”つけて独立か

文=小林真一(こばやし・しんいち)

フジテレビ、中堅アナウンサー大量離脱で内部崩壊の危機!? 上昇志向ミタパンはドロ舟低視聴率番組に見切りつけて独立かの画像1
三田友梨佳公式インスタグラムより

 フジテレビが揺れている。視聴率は低迷を極めドン底状態のフジテレビだが、内部崩壊の危機が訪れているという。

「アナウンサーが大量に離脱するかも知れないと噂が立っているんです。特に、新型コロナウイルスの騒動が出始めた年初あたりから、内部では『どのアナウンサーが先に辞めるのか?』が話題の中心になっています」(フジテレビ関係者)

 いまだに“女子アナ30歳定年説”が囁かれる中で、離脱に最も近いと言われるのが、『さんまのお笑い向上委員会』や『ワイドナショー』を担当している久代萌美アナだ。久代アナといえば、昨年11月の「週刊文春」(文藝春秋)でYouTuberの「はるくん」との真剣交際をスクープされ、さらに今年6月25日発売の同誌では、婚約を報じられたばかりだったが……。

「昨年30歳になってから、久代アナは『いつクビになってもおかしくない』と同期に話すなど、ネガティブモードで仕事をしているのですが、YouTuberとの交際報道が上層部の逆鱗に触れてキツイお説教を受けていたようです。久代アナは絶妙なヤル気の無さが大物MCにウケて、進行役でいくつかのバラエティ番組に出演していますが、アナウンス能力や調整能力が高いわけではないので変わりはいくらでもいる存在。部署異動もじゅうぶんあり得る話です」(前出のフジテレビ関係者)

 さらに、夜のニュース番組『Live News α』のキャスターという大役を任される、ミタパンこと三田友梨佳アナにも危機が訪れているという。

「三田アナは、昨年春に『Live News α』のキャスターに大抜擢されたのですが、いかんせん視聴率が悪すぎるんです。このままでは、視聴率が0.1%を割り込んで計測できない“米印”もあり得るのではないかと言われているほど、数字が獲れない。ミタパンは上昇志向が強いので、このまま番組と共倒れになるくらいならばと、独立する可能性も高いでしょう」(民放関係者)

 思い悩んでいるのは女子アナだけではない。あのイケメン男性アナウンサーも番組での扱われ方に苦しんでいるという。

「お昼のバラエティ番組『バイキング』の進行役で活躍している榎並大二郎アナは、番組での立ち位置に不満を覚えているようです。司会の坂上忍は、榎並アナが進行ベタなことを番組内でイジることが多いのですが、それが精神的な負担になっているようです。真面目な性格の榎並アナは上手く切り返しができなかったり、進行がスムーズに行かなかったりした日は眠れないほど落ち込んでしまうそうで、最近では坂上との絡みもストレスに感じているとか。坂上は榎並アナを可愛がっているつもりなのですが、榎並アナは生放送で毎日のようにイジられていることに耐えられなくなっているようです」(前出のフジテレビ関係者)

 また、兄がジャニーズタレントでサラブレッドと期待された生田竜聖アナには、こんな話も。

「2011年の入社当初から、社内ではあの生田斗真の弟として扱われて苦労していました。しかもその後、社内結婚した同僚の秋元優里アナに“竹林不倫”をされ、離婚するという修羅場も経験。正直、彼の印象は、アナウンス能力が高いとか低い以前に“お騒がせアナ”として社内でも認識されているんです。フジのアナウンサーならそれをネタにして人気に変えていけばいいものを、生田アナは生真面目な性格でアドリブも効かないのでバラエティ番組でも使い道がなく、担当している『めざましテレビ』でも浮いた存在になってしまっていますね」(フジテレビ関係者)

 新型コロナウイルスの影響で今年度は赤字も囁かれるフジテレビだけに、アナウンサーの大量離脱となればダブルパンチとなりそうだ。

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

出版社、IT企業、テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2020/07/02 13:00

フジテレビ、中堅アナウンサー大量離脱で内部崩壊の危機!? 上昇志向ミタパンはドロ舟低視聴率番組に“見切り”つけて独立かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

高橋克実、俳優復帰も不安を指摘

 今年9月いっぱいで終了するフジテレビ系の午...…
写真
インタビュー

ANARCHYが映画で望んだ表現

――ANARCHYがメガホンを執ったことで話題となった映画『WALKING MAN』。彼...
写真