日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 木村拓哉、家族総出の路線変更

ダサかっこいいCMも大成功!? 木村拓哉、家族総出の「路線変更」がもたらしたもの

文=日刊サイゾー

木村拓哉

 中年になったことで家族ぐるみ戦略を変えたようだ。

 7月7日から放送されている、木村拓哉が出演する『マクドナルド』の新CM『ちょいマック「ドライブスルーの歌」篇』が話題を呼んでいる。同CMは木村が運転する車内で「ドライブスルーでちょうぃマック! ドライブスルーでちょうぃマック!」と身をよじらせながら歌い、「なんだ、この歌」と、われに返って苦笑いするという内容。

「ダサい歌詞、ちょっと音痴な癖のある歌い方。これには病みつきになる視聴者もいる一方で、『サブイボ全開になった』『見ているだけで恥ずかしい』『キツイよ~』との悲鳴も上がっています。SMAP時代のキムタクなら絶対にやらなかったでしょうが、逆に“ダサかっこ良さ”が印象に残る仕上がりになっているともいえ、CMとしては大成功でしょう。キムタクは主演ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)が絶好調ですが、これまでの『かっこいいキムタク』から脱却した“情けない姿”が好評です。キムタクも47歳の中年となり、カッコつけるよりも素を見せたほうが楽なのではないでしょうか」(広告代理店関係者)

 木村の路線変更は「家族の扱い」にも表れている。女性誌記者が言う。

「娘たちがデビューするまで、約20年間。家族の話はタブーとされ、掲載した媒体にはジャニーズから猛クレームが入ったものでした。それが最近は、せきを切ったかのように娘たちのことを話題にするようになった。娘たちも、父親や母親の工藤静香に関するコメントをSNS上にバンバン載せ、メディアもそれを繰り返しニュースとして取り上げるため、キムタクファミリーの現状は世間に筒抜けになっているほどです」

 仕事は絶好調、娘たちのSNSは投稿するたびに話題に。木村、そして木村家の「すべてをさらけ出す作戦」は、今のところ大成功のようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/19 06:30

ダサかっこいいCMも大成功!? 木村拓哉、家族総出の「路線変更」がもたらしたもののページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

内田有紀、マネジャーは柏原崇

 注目の医療系ドラマとして話題のNHK連続ド...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

「親父、調子はどうだ?」――ユーチューバーとして、そしてミュージシャンとして精力的...
写真