日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『半沢直樹』、視聴者から盛大にいじられる

さっそく視聴者から盛大にいじられる『半沢直樹』第2シリーズが期待値を超える面白さ

文=東海林かな(しょうじ・かな)

日曜劇場『半沢直樹』公式サイトより

 7月19日、『半沢直樹』(TBS系)の第2シリーズの第1話が放送された。Twitterでは「半沢直樹」がトレンド入りし、7000件を超えるツイートが殺到。7年越しの「倍返しだ」や、大和田(香川照之)の新しい名言も飛び出し、ネットは大盛り上がり。視聴率は22.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、第1話から期待値を超える内容が大反響を呼んでいる。

 前作では、東京中央銀行バンカーとして活躍していた主人公の半沢直樹(堺雅人)が、大和田常務の不正を暴き非難したことがきっかけで、子会社である東京セントラル証券へ出向を命じられていた。

 冒頭部分では、不正が判明するもヒラの取締役への降格処分で済まされた大和田が映され、中野渡頭取(北大路欣也)に「頭取には多大な恩赦を受けました。そのご恩は一生忘れません。施されたら施し返す、恩返しです」と「倍返しだ」を連想させるキメ台詞で忠誠を誓った。その場所が、第1シリーズの最終回で土下座をした東京中央銀行の大会議室だったため、ネットでは「大和田7年間土下座し続けていた説」などの声が寄せられ、さっそく視聴者から盛大ないじりを受けた。

 東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢。第2シリーズでは、“半沢潰し”を目論む証券営業部長・伊佐山(市川猿之助)率いる東京中央銀行VS下剋上を企てようとする子会社の東京セントラル証券という勢力図がポイントになってきそうだ。

 第1話では、銀行の横柄な態度に不満を抱く社員たちのもとに、電脳雑技集団社からSpiral社の大型買収案件が舞い込んでくる。Spiral社の社長と同級生で個人的なつながりがあった森山雅弘(賀来賢人)をはじめ、半沢たちがその案件に息巻く最中、契約を断ち切られてしまう事態に。

 その原因が、半沢の部下である三木重行(角田晃広)と諸田祥一(池田成志)の裏切り行為によるものだったことが判明。諸田が案件情報をメールで伊佐山に横流しし、電脳雑技集団社が親会社である東京中央銀行に契約を乗り換えたのであった。

 証拠を突き付けた半沢は森田とともに伊佐山と諸田が会食しているもとへ。不正を暴くため、横流しのメールを見せると、「知らない、知らないよ、知らないね」と白を切る伊佐山。第1シリーズの大和田に並ぶ顔芸を見せた伊佐山に対し、ネットでは「ジェネリック大和田」「伊佐山の“知らない”の三段活用が最高」などのコメントが寄せられている。

 サーバー上のメールごと消去し、証拠を隠滅していた伊佐山に対し、半沢は「私はこのまま終わらせるつもりはありません。この借りは必ず返します。やられたらやり返す 倍返しだ!! それが私のモットーなんでね」とお決まりの台詞を言い放ち、復讐を宣言した。

 第1話から、第1シリーズに引けを取らない好調の滑り出しをみせた『半沢直樹』。最後に大和田が何かを企んでいるシーンも映された。大和田が放った「恩返し」は、誰に向けてのものになるのかも物語の伏線になってきそうだ。

■放送情報
日曜劇場『半沢直樹』
TBS系にて、 毎週日曜21:00~放送
出演:堺雅人、上戸彩、及川光博、片岡愛之助、賀来賢人、今田美桜、池田成志、山崎銀之丞、角田晃広、戸次重幸、益岡徹、井上芳雄、南野陽子、尾上松也、井川 遥、古田新太、市川猿之助、香川照之、柄本明、北大路欣也、ほか
原作:池井戸潤
脚本:丑尾健太郎ほか
演出:福澤克雄、田中健太、松木彩
プロデュース: 伊與田英徳、川嶋龍太郎、青山貴洋
制作著作:TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2020/07/23 17:21

さっそく視聴者から盛大にいじられる『半沢直樹』第2シリーズが期待値を超える面白さのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

高橋克実、俳優復帰も不安を指摘

 今年9月いっぱいで終了するフジテレビ系の午...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真