日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『半沢直樹』脚本家変更に不安

半沢直樹がキャラ変!? 続編が“あの爆死ドラマ”の脚本家へ変更で不安の声

文=日刊サイゾー

堺雅人

 流行語となった「倍返し」は再び炸裂するのだろうか。

 堺雅人が主演するTBS日曜劇場『半沢直樹』の7年ぶりの続編が、7月19日にスタートする。

 それに先駆けて12日に放送された前シリーズの『特別総集編』後編は、視聴率14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。瞬間最高視聴率17.7%となった、クライマックスで大和田常務(香川照之)が屈辱にまみれて土下座する姿には、「ドラマ史に残る傑作シーン」「7年ぶりの土下座タイム!」と、視聴者からの歓喜の声が上がっている。

「続編は『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』が原作で、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描きます。堺も『一足先に1話を観させていただきましたが、すごいカロリーの詰まったドラマ』と語り、コロナ禍での撮影にも『ぶつかる力を弱めるという選択肢は、我々にはありません』と意気込んでいます」(テレビ誌ライター)

 最終回に42.2%という高視聴率を叩き出した大ヒット作だけに、今作も数字に注目が集まるのは必至だ。しかし、一部のドラマファンからは不安の声も聞かれるという。

「気がかりなのは、脚本家が丑尾健太郎氏に変更となっている点。前作を担当した八津弘幸氏の名前もあることはあるが、あくまで“脚本協力”の立場。丑尾氏は一時、視聴率が2.8%まで落ちた伝説の爆死ドラマ『HEAT』(フジテレビ系)を手掛けた“爆死脚本家”でもある。そのほかに手がけたTBS日曜劇場で担当した『小さな巨人』(平均視聴率13.5%)、『ブラックペアン』(同14.3%)、『ノーサイド・ゲーム』(同12.0%)はいずれも悪くはないものの、同枠としては物足りない数字となっています。業界内では中盤の中だるみを危惧したり、半沢直樹の癖の強い時代劇調の仰々しい言い回しが弱まるのではないかと危惧する人もいます」(前出・テレビ誌ライター)

 テレビ史に残るお化け視聴率ドラマの続編だけに、出演者以上に脚本家もプレッシャーを感じていることだろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/15 21:00

半沢直樹がキャラ変!? 続編が“あの爆死ドラマ”の脚本家へ変更で不安の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

志村けんと噂になった女性たち

 先日、阪神・淡路大震災から26年目を迎えた...…
写真
インタビュー

9太郎が提唱! アイドル炎上回避ガイド

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真