日刊サイゾー トップ > 芸能  > 横浜流星に必要な日テレの万全ケア

横浜流星、コロナ退院報告に安堵の声! ドラマに舞台に“囲い込み”しまくった日テレの万全ケアは不可欠

文=日刊サイゾー

横浜流星、コロナ退院報告に安堵の声! ドラマに舞台に囲い込みしまくった日テレの万全ケアは不可欠の画像1
横浜流星オフィシャルサイトより

 新型コロナウイルス感染のため入院していた俳優の横浜流星が退院を報告した。

 横浜は30日、インスタグラムを更新し、退院を報告。「この度は沢山の方々に、多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを心よりお詫び致します」とコメントし、「自宅と仕事場の往復以外、外出は本当にしておらず、感染対策も徹底していたので、陽性の結果が出た時、頭が真っ白になりました。ドラマの撮影と、舞台の稽古に全力を尽くし、ずっと作品のこと考えていたので、悔しいです」と心境を吐露。その上で、仕事関係者や友人、家族、ファンや医療従事者への感謝の言葉を述べている。

 横浜が主演する8月スタート予定の日本テレビ系ドラマ『私たちはどうかしている』は、横浜の感染を受けて撮影を中断。浜辺美波や観月ありさなど共演者をはじめ、スタッフにもPCR検査を実地し、感染者がいないことを発表している。その上で、日テレは、27日の定例会見で「(ドラマ放送は)8月12日スタートを目指していることに変わりはない」と説明し、横浜以外の出演者の撮影を再開させていた。

「何はともあれ、横浜さんが無事に退院できたことにホッとしています。ただ、もう出演者のスケジュールが取れないので、今後の撮影はかなりシビアでしょうね。横浜さん自身も、2年先まで仕事の予定が埋まっていますから。
 とはいえ、横浜さんも退院後すぐに仕事再開とはいきません。2週間ほど療養してもらうことになります。ドラマは7話の終盤まで撮影を終えていますが、残りは横浜さんの復帰後、撮影を巻きで進めたり、脚本や演出を変更したりして、なんとか撮り切ることになるでしょうね。
 まあ、どうしても素材が足りないというときは、出演者の“顔ヨリ”を多用して間を持たせるという裏ワザもありますから……同ドラマでは、横浜さんの美麗な顔のアップシーンがたくさん拝めることになるかもしれません」(テレビ誌記者)

 なにはともあれドラマはなんとかなりそうで、横浜のファンも一安心だろう。

 一方で、横浜が宮本武蔵を演じる主演舞台『巌流島』は、8月6日~11日の東京公演をはじめ9月までに予定していた全公演の中止を発表している。

「実は『巌流島』も日テレがスポンサーなんです。これは偶然でも何でもなくて、日テレが横浜さんを“囲い込み”していたから。横浜さんは、昨年のTBSドラマ『初めて恋をした日に読む話』でプチブレイクしましたが、彼に目をつけた日テレは自局のドラマ『あなたの番です』や『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』に横浜さんを立て続けにキャスティングして、唾をつけてきました。ちなみに、佐々木小次郎役の伊藤健太郎さんも、ドラマ『今日から俺は!!』のイメージが強いですよね。役者を育てるという側面もありますが、ジャニーズ事務所ともズブズブの関係なのは有名な話ですし、日テレは昔からこういう戦略がうまいんですよね」(前出のテレビ誌記者)

 日テレの立場からすれば、ドラマが一時“お蔵入り”の危機に瀕し、肝入りの舞台も中止に。まさに、ダブルパンチの状況だ。

「確かに踏んだり蹴ったりではありますが、もちろん、横浜さんを責めるようなスタッフはいませんよ。横浜さんは本当に多忙でプレイベートで遊びに行く暇なんて皆無でしたし、仕事現場でもフェイスガードを着けるなど、万全の感染予防対策をしていましたから。つまり、どんなに気をつけていてもコロナに罹ってしまう可能性があるということ。あとはこのまま、何事もなく撮影を終えられるように祈るしかありません。 ただ、ひとつ心配なのは、横浜さんは真面目でストイックな方なので、責任を感じてしまわないかということ。事務所はもちろんドラマのスタッフも、万全のケアをするつもりでいます」(日本テレビ関係者)

 コロナの災難に見舞われた横浜だが、むしろ日テレを“踏み台”にして、今後もさらなる活躍を続けてほしい。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/31 07:00

横浜流星、コロナ退院報告に安堵の声! ドラマに舞台に“囲い込み”しまくった日テレの万全ケアは不可欠のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

【再掲】下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真