日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジ、社長自ら放送ストップ指令

フジテレビ、社長自らによるコロナ感染「放送ストップ指令」発覚で、さらに企業イメージ急落

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

フジテレビ本社ビル

 テレビ各局が局員や関連会社スタッフの新型コロナウイルス感染を公表する中、これまでコロナ感染者が報告されていなかったのがフジテレビ。しかし、社内常駐の外部スタッフが新型コロナに感染したことを同局の報道番組で公表しようとしたところ、同社の遠藤龍之介社長が放送中止を求め、結局、見送られていたことを、ニュースサイト『ニュースソクラ』が報じた。

 同サイトによると、感染者が出たのは、同局昼のバラエティー情報番組『バイキング』。7月30日午後にスタッフの感染が報告され、幹部が夕方の報道・情報番組での公表を決定。

 しかし、その後、遠藤社長が直接、報道局長などがいるフロアに現れ、強硬に放送での公表を止めるように要求。そのため、放送での開示は取りやめ、ホームページ上に番組名は伏せる形で公表したというのだ。

「遠藤社長はもともと同局の広報部長を務めていただけに、緊急時にどう対応すべきか一番よくわかっているはず。しかし、コロナ感染者を出したことによるイメージダウンを恐れてか、すっかり取り乱してしまったようだ」(放送担当記者)

 同局といえば、放送していた恋愛リアリティー番組『テラスハウス』(先行配信Netflix)に出演した女子プロレスラーの木村花さんが、視聴者らからSNS上で誹謗(ひぼう)中傷を受けた後、5月23日に急死した問題を抱えていた。

 7月31日にその問題についての検証報告を同社の公式サイトに掲載。しかし、関係者への聞き取り調査の結果として、番組内でのやらせや、SNSを炎上させる意図はなかったことを報告した。

「大事な検証なのに、第三者委員会を設立せず、社員が調査を行った。実際問題、共演者がやらせを告発しているにもかかわらず、大方の予想通りの自社に都合のいい検証結果だった」(テレビ局関係者)

 視聴率がジリ貧な上、新型コロナウイルスの影響で広告収入が大幅にダウンしている同局だが、企業のイメージがアップしそうな話がまったく聞こえて来ないのはもはや末期症状だ。

最終更新:2020/08/04 06:30

フジテレビ、社長自らによるコロナ感染「放送ストップ指令」発覚で、さらに企業イメージ急落のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

石戸諭が語るメディアの問題点

 毎日新聞、バズフィードジャパン、そして現在は雑誌でテレビでとメディアを横断して活動す...
写真