日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『とくダネ!』終了で小倉智昭も引退?

『とくダネ!』終了報道で小倉智昭も引退か? 後番組は“あの女子アナ”にメインMC案浮上

文=日刊サイゾー

『とくダネ!』終了報道、小倉智昭も引退か? 後番組はあの女子アナにメインMC案浮上の画像1
フジテレビ公式サイトより

 フジテレビのワイドショー『情報プレゼンター とくダネ!』が来年3月で終了すると、複数のメディアが報道。1999年4月のスタートから21年続く長寿番組が、ついに幕を閉じることになるのだろうか。

「『とくダネ!』終了説は数年前から浮上していて、番組開始から20年になる今年3月での終了が濃厚とも言われていました。しかし、五輪取材をライフワークとしている小倉智昭さんの意向もあり、五輪終了後の今年9月で終了という流れに一旦落ち着いたものの、五輪延期で終了も保留に。でも、結局来年3月終了で落ち着いたようですね」(テレビ局関係者)

 気になるのは、『とくダネ!』の後番組で、誰がメインMCを務めるかということだ。

「元々は、長年サブMCを務めていた元フジテレビの笠井信輔アナが後番組でメインMCになるというプランがありました。小倉さんは番組終了と共に事実上の引退を考えていて、笠井アナをその後釜に据えるべく、自らの所属事務所に移籍させていたくらい。つまり、小倉さんは自分が引退することでなくなる“売り上げ”を笠井アナに稼いでもらおうと思っていたわけです。そうすれば、事務所の収入も確保できますからね」(同)

 しかし2019年12月に、笠井アナは悪性リンパ腫を患っていることを公表。その後は闘病生活に入っている。

「小倉さんは、笠井アナの復帰の場として『とくダネ!』の後番組を用意したいと思っているはずです。とはいえ、快復状況にもよるので、フジテレビとしては笠井アナ起用案を留保しつつ、別のキャスティングを模索していると思います」(同)

 また、『とくダネ!』終了の大きな理由のひとつには、小倉の高額なギャラ問題があるとも言われている。

「フジテレビ的には、できる限り予算を削減したいと考えている。笠井アナは小倉さんに比べれば、おそらく半分くらいのギャラで済むとは思うのですが、フジテレビの本音は“それでも高い”というものでしょう。そうなると、やはり局アナをメインにして、大幅なコストカットを狙ってくる可能性も高そうです」(同)

 では、もしも局アナがメインMCになるなら、誰が有力候補なのだろううか。制作会社関係者はこう話す。

「裏番組のMCには、加藤浩次、立川志らく、羽鳥慎一と、中年男性が並んでいる。フジテレビとしても、同様にベテラン男性アナを起用するのがセオリーではありますが、局内には裏番組のMCに勝てるような人材はいないんですよね。

 あるとすれば、現在『とくダネ!』に出演している伊藤利尋アナくらい。でも、正直それでは“弱い”ので、新風を吹き込むという意味でも、女性アナをメインにするのではないかという噂も。たとえば、報道番組の経験も多い生野陽子アナや三田友梨佳アナ、現在『とくダネ!』に出演中の山﨑夕貴アナあたりが有力ではないでしょうか」

 いずれせよ、局アナメインとなれば、小粒感は否めない。フジテレビの経費削減路線は功を奏するのだろうか?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/30 08:00

『とくダネ!』終了報道で小倉智昭も引退か? 後番組は“あの女子アナ”にメインMC案浮上のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

麒麟・川島の塩と手榴弾

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真