日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 松本が山P淫行を追及したワケ

忖度なしの猛攻!? 松本人志が『ワイドナショー』で山下智久の“淫行”を追及したワケ

ダウンタウン・松本人志

 ジャニーズ事務所に“忖度”した番組が目立つなか、攻めの姿勢を見せていたのが8月23日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)だった。

 番組では、「文春オンライン」で、山下智久が女子高生と飲酒&お持ち帰りしていたと報じられたニュースを紹介。ジャニーズ事務所が一定期間の活動自粛処分を科したことを伝えた。

「多くの情報番組が、『未成年との飲酒』にのみスポットを当て、嘘をつかれたり、化粧していたらわからないと、山下を擁護していました。しかし、松本は『そっちよりも女子高校生とそういう行為があったのかどうなのかということですよね。そこをはっきりしてくれないからみんなモヤモヤしてしまう。だから、本人がそこはちゃんと言うべきだと思うんです』と語り、淫行の有無が論点だと指摘しました」(テレビ誌ライター)

 松本は、この件がうやむやのまま収束すると予測。「僕の中では(山下が)、ごめんやけどオレのモヤモヤタレントリストに入っちゃうようね」と話していた。

「“吉本の山P”こと極楽とんぼ・山本圭壱は淫行で長期にわたり芸能界から干された過去があります。それもあってか松本としては、吉本がアウトでジャニーズがセーフであることに納得がいかなかったのかもしれません」(芸能記者)

 とはいえ、松本自身も20~30代の頃には自ら「ロリコン」であることを公言している。

「深夜のラジオ番組で『乳さえ出たら小学生でもイケる』『中学生が大好き』と言えば、バラエティ番組でも『平成生まれとセックスしたい!』『15歳ぐらいがストライクゾーン』などと語っています。生粋の未成年好きだったからこそ、山下が行為をしたのか気になってモヤモヤしている可能性もありそうですね」(週刊誌記者)

 松本が山Pを番組で攻めていたのは嫉妬のせい?

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/08/23 22:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed