日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 山田孝之が“沖縄”を謝罪せぬワケ

松本人志も苦言!? 山田孝之がコロナ禍での沖縄旅行を頑なに謝罪しないワケ

文=日刊サイゾー

山田孝之

 大手メディアがスルーするなか、目をつぶっていられなかったのがダウンタウンの松本人志だ。

 5月24日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)にて、緊急事態宣言下での沖縄訪問が報じられた山田孝之について言及すると、「彼は役者さんとしてはすごく魅力のある人だし、多少ヤンチャだったり羽目をはずすところは彼の才能でねじ伏せられるのかなとは思っているんですが、コロナに関しては別腹というか」とし、「これは自分だけの問題ではないので、これは山田くんは少し軽率だったなと思います」と苦言を呈している。

「一緒に参加していた新田真剣佑やモデルの“Niki”こと丹羽仁希はツイッターで謝罪していますが、山田だけはいまだ沈黙したまま。大手芸能プロに所属しているため、テレビ各局も忖度が働いたのか、同じくコロナ禍で沖縄に赴きコロナを発症した石田純一がフルボッコにされたのとは明らかに扱いが違います」(芸能記者)

 それにしても、山田はなぜこれほど頑なに謝罪しようとしないのか。本サイトでは所属事務所・スターダストプロモーション幹部が山田の機嫌を損ねないように気を遣っていると報じたが……。業界関係者はこう語る。

「山田は個人事務所を持ち、仕事が選べる立場。タニマチも多く、Eコマース事業を手掛ける会社を起業し、実業家としての顔を持っている。そのためか、『芸能界はいつ辞めてもいい』『テレビに媚びたくない』が彼の口癖です。本人は無頼を気取りたいのでしょうが、さすがに、コロナは人の命がかかっている。とりわけコンプライアンスに敏感なスポンサーは山田に難色を示し始めています。事業にしても、提携企業は山田が芸能人だから投資しているのであって、芸能界を離れればただのオジサンですから、資金をさっと引き上げるでしょうね」

 このままほっかむりするのであれば、タレントとしても実業家としても窮地に立たされるのを山田は自覚したほうがいいかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/25 06:00

松本人志も苦言!? 山田孝之がコロナ禍での沖縄旅行を頑なに謝罪しないワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

TKO・木本、謝罪会見で復活アピールも…

 昨年7月、7億円の投資トラブルが発覚して、...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真