日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 『有壁』アナグラム研究所の凄さ

『有吉の壁』巧みな戦略から生まれた怪物! トム・ブラウン「アナグラム研究所」の凄まじさ

『有吉の壁』巧みな戦略から生まれた怪物! トム・ブラウン「アナグラム研究所」の凄まじさの画像1
YouTube【有吉の壁】アナグラム研究所にCMオファーが!【撮影メイキング】【壁スタッフがプチ密着】より

 テレビ界の常識をブチ壊すネタが『有吉の壁』(日本テレビ系)から登場。マネのできない唯一無二の芸に、各方面から絶賛の声が寄せられている。

 ゴールデンタイムに久々に登場したお笑い番組『有吉の壁』に“怪物”が現れた。そのネタは、お笑いコンビ「トム・ブラウン」が披露した「アナグラム研究所」。「アナグラム」とは、「わたし→たわし」といった具合に、言葉を入れ替えて別の単語を作る言葉遊びのことだが、披露されるや否や、旋風を巻き起こしたのだ。

「アナグラム研究所が初めて披露されたのは8月12日の放送です。当日は『げいじゅつは ばくはつだ』『ちょっまてよ』『にっぽん ちゃちゃちゃ にっぽん ちゃちゃちゃ』といったフレーズを入れ替えて、別の文章を作りましたが、その完成度に司会の有吉弘行も『恐ろしいネタだ』『ヤバいね』と大絶賛。さらに超早業でCMにも採用され、これも19日から放送されています」(テレビ情報誌記者)

 お笑い芸人のネタが流行語になるには、ある程度の時間を必要とするが、放送から数日、わずか1回のネタ見せでCMにまで採用されるのは、恐らくテレビ史上初。26日の放送でも「アナグラム研究所」は披露され、再び爆笑をかっさらったが、この背景にはトム・ブラウンのネタの力もさることながら、『有吉の壁』の巧みな戦略がある。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真