日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『有壁』アナグラム研究所の凄さ

『有吉の壁』巧みな戦略から生まれた怪物! トム・ブラウン「アナグラム研究所」の凄まじさ

文=日刊サイゾー

『有吉の壁』巧みな戦略から生まれた怪物! トム・ブラウン「アナグラム研究所」の凄まじさの画像1
YouTube【有吉の壁】アナグラム研究所にCMオファーが!【撮影メイキング】【壁スタッフがプチ密着】より

 テレビ界の常識をブチ壊すネタが『有吉の壁』(日本テレビ系)から登場。マネのできない唯一無二の芸に、各方面から絶賛の声が寄せられている。

 ゴールデンタイムに久々に登場したお笑い番組『有吉の壁』に“怪物”が現れた。そのネタは、お笑いコンビ「トム・ブラウン」が披露した「アナグラム研究所」。「アナグラム」とは、「わたし→たわし」といった具合に、言葉を入れ替えて別の単語を作る言葉遊びのことだが、披露されるや否や、旋風を巻き起こしたのだ。

「アナグラム研究所が初めて披露されたのは8月12日の放送です。当日は『げいじゅつは ばくはつだ』『ちょっまてよ』『にっぽん ちゃちゃちゃ にっぽん ちゃちゃちゃ』といったフレーズを入れ替えて、別の文章を作りましたが、その完成度に司会の有吉弘行も『恐ろしいネタだ』『ヤバいね』と大絶賛。さらに超早業でCMにも採用され、これも19日から放送されています」(テレビ情報誌記者)

 お笑い芸人のネタが流行語になるには、ある程度の時間を必要とするが、放送から数日、わずか1回のネタ見せでCMにまで採用されるのは、恐らくテレビ史上初。26日の放送でも「アナグラム研究所」は披露され、再び爆笑をかっさらったが、この背景にはトム・ブラウンのネタの力もさることながら、『有吉の壁』の巧みな戦略がある。

12

『有吉の壁』巧みな戦略から生まれた怪物! トム・ブラウン「アナグラム研究所」の凄まじさのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真