日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジ・榎並アナにブレイクチャンス

フジテレビ・榎並アナが“カトパン”の相棒に大抜擢!“2度目”のブレイクチャンス掴めるか?

文=日刊サイゾー

フジ・榎並アナがカトパンの相棒に大抜擢!2度目のブレイクチャンス今度こそ掴めるか?の画像1
インスタグラム:榎並大二郎(@enami_daijiro)

 加藤綾子がメインキャスターを務める、夕方のニュース番組『Live News it!』(フジテレビ/月~金)が、大幅なリニューアルを決行する。そこで投入されるのが、加藤の同期である榎並大二郎アナだ。今後は加藤と榎並の「二枚看板」になるという。

 2019年4月に加藤をメインキャスターに据えスタートした同番組だが、視聴率が伸び悩み、今回大きくテコ入れすることになったそうだが、「リニューアルにしてはあまりに弱すぎるキャスティングだ」という声も聞こえてくる。

「テレビ局全体に言えることですが、スポンサー収入が激減している中、制作サイドもシビアな判断をくださいといけない。加藤も視聴率にギャラが見合わないため、一時期はリストラ候補にあがっていたが、加藤は上層部に決意表明を見せ、なんとか番組は存続になった。しかし、リニューアルと称して投入されたのが、そこまで人気があるわけではない榎並アナとあって、加藤も内心ガックリきてるかも」(テレビ局関係者)

 今回の榎並アナ起用にあたり、加藤はインタビューで「緊張感がある現場で、“大ちゃん”の存在は大きい」と答えているが、その心中は穏やかではないのかもしれない。なんといっても、榎並は現在の“男性アナウンサーの潮流”からは、かけ離れたキャラクターだからだ。女性誌編集者はこう語る。

「オリコンが毎年発表する『好きな男性アナウンサー』ランキングの1回目(2006年)では、1位の安住紳一郎(TBS)についで2位に渡辺和洋(フジ)が追随してたんです。さらには、軽部真一、笠井信輔、伊藤利尋など、フジの男性アナが席巻していた。しかし、08年にエースだった渡辺が不倫などのスキャンダルで凋落。以降、フジ全体の視聴率低下も相まって徐々にフジのアナウンサーは求心力を失っていった印象です。

 安住の次に人気が出たのは日テレの羽鳥慎一と桝太一ですが、彼らは安住同様に『堅物』さや、『サラリーマンぽさ』で売っている。それに比べて榎並は、ちょっとやっぱりあの見た目ですから、チャラく見られてしまうんですよね。実際は真面目だと思いますが、男性アナウンサーとして好かれるイメージからは少々離れている。フジでいえば、今は生田竜聖のほうが好感度が高い。カトパンも生田となら、まだ視聴率回復が見込めたかも……」

 なかなか人気アナウンサーの座を掴めない榎並にとって、今回のメインキャスター抜擢は最後のチャンスになるかもしれない。実は、榎並は過去に1度だけブレイクの兆しを見せたことがあった。

12

フジ・榎並アナが“カトパン”の相棒に大抜擢!“2度目”のブレイクチャンス今度こそ掴めるか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

菅義偉首相「専門家が対策をやらないから」と“逆ギレ”

今週の注目記事・第1位「テレ朝斎藤ちはるアナ...…
写真
インタビュー

JAY’EDが語るLDHのクリエイティブ

 ここ数年の音楽シーンに欠かせないのが口コミ。SNSでの好リアクションがあれよあれよ...
写真