日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB・坂道系  > 乃木坂46が水着グラビアを解禁!?

乃木坂46が水着グラビアを解禁!? レイヤーグラビア台頭で坂道系の「洋服グラビア」限界か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

乃木坂46が水着グラビアを解禁!?  レイヤーグラビア台頭で坂道系の「洋服グラビア」限界かの画像1
乃木坂46

 グラビア界の勢力図が変わる?

 10月28日にエースの白石麻衣が卒業するのを機に、乃木坂46が水着グラビアを解禁するとの噂が業界内で飛び交っているという。

「次期エースは齋藤飛鳥で決まりですが、人気メンバーが次々と卒業していく中で、新型コロナの影響もあり乃木坂人気が下火になってきている感は否めない。一部報道ではプロデューサーの秋元康氏が一気に方向転換し、『グラドル集団』に舵を切りたい意向を持っているとのこと」(アイドル誌編集者)

 かつて、AKB48は全盛期には各誌の表紙&グラビアを席巻。多くのメンバーがビキニ姿を披露していたことから、掲載誌が軒並みバカ売れし、本職のグラドルたちは居場所を失うこととなった。「清楚」を売りにしていた乃木坂メンバーがまたぞろグラドル化すれば、再び表紙ジャックとなりそうだが……。

 前出のアイドル誌編集者がこう続ける。

「ファンとしては彼女たちの『洋服グラビア』は購買動機となりにくくなっています。乃木坂46や欅坂46から改名した櫻坂46の人気メンバーであれば、グラドルを表紙にした時よりは実売率も良くなりますが、グループの中で一番の旬だと思われている日向坂は、フロントメンバーを表紙にしても以前ほどの爆発力がなくなってきている。それならば、余計な気を使わないでいい別のグラドルを起用したいという編集者が多いのも事実です。そんな中で、いまもっとも勢いがあるのがコスプレイヤー。表紙を秋元系からえなこに変えたある媒体は、通常よりも10%以上数字が良かったそう。こうしたデータからマンガ誌などもこぞってコスプレイヤーの囲い込みを始めています。坂道グループには、知られざるスタイルがいいメンバーが多いですから、新興勢力に対抗するためにも、写真集やその宣伝だけでなく、撮りおろしの水着グラビア解禁が待たれます」

 ファンとしては複雑な気持ちかもしれないが、坂道グループの“新たな試み”に期待が高まっているのは間違いないようだ。

最終更新:2020/10/22 13:00

乃木坂46が水着グラビアを解禁!? レイヤーグラビア台頭で坂道系の「洋服グラビア」限界かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

有吉『紅白』終了後に驚きの行動に出ていた

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真