日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 乃木坂・松村沙友理の“老害芸”

ファンも呆れた乃木坂・松村沙友理の“老害芸”、卒業後の進路に影響か 

文=日刊サイゾー

ファンも呆れた乃木坂・松村沙友理の老害芸、卒業後の進路に影響か の画像1
乃木坂46オフィシャルサイトより

 芸能界も所詮縦型社会。先輩の命令には絶対服従が大原則だが、そのルールはアイドルグループにも漏れなく適用されるようだ。

 紅白出場回数は5回を数え、今やアイドルグループの頂点に立つ乃木坂46。その1期生ともなれば、存在感は別格のようだ。グループの冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系/23日深夜放送)で展開された光景は、最近ではあまり聞かなくなった“お局”という単語を想起させるものだった。

「この放送回では、『教えて先輩!今さら聞けない乃木坂46のルール』と題し、まだまだわからないことも多い3期と4期のメンバーが、先輩に疑問をぶつける企画でしたが、そこで“大暴れ”したのが1期生の松村沙友理でした。

 松村は、『楽屋で出た“肉”と“魚”の弁当は、どちらを残したほうが良いのか?』という後輩の質問に対し、『鮭なら~』『西京焼きは~』と、細かく注文をつけはじめ、これには司会のバナナマンも『めんどくせぇな』とコメント。彼女は先週も、楽屋での座る位置に対する質問に対し、『テレビが見えて、電源とティッシュがある場所を開けておいて欲しい』と述べ、周囲からブーイングを浴びました」(テレビ情報誌記者)

 バラエティ番組には、番組を盛り上げる存在が必要で、彼女が“老害”という役回りを買って出たであろうことは想像に難くない。ただ、松村には“許されぬ過去”がある。彼女は2014年、既婚者の男性と2人きりで食事に行き、路上でキスをしている姿を週刊誌に撮られ、号泣して謝罪したのだ。

「乃木坂メンバーはこれまでプリクラ流出やお泊りデートなど、数々のスキャンダルが報じられましたが、松村がやらかした不倫+路チューは間違いなく過去最大。解雇こそ免れましたが、同期の西野七瀬は、乃木坂のドキュメンタリー映画の中で『(松村のことを)みんな怒ってた』とコメントしており、乃木坂ファンの中にはいまだに彼女のことを許していない人もいる。バラエティ番組でうまく立ち回れる松村は、必然的に露出が多くなりますが、目立てば目立つほどアンチからウザがられる宿命。同い年の白石麻衣が卒業するので、焦りがあるのかもしれませんが、今回のような“悪目立ち”をすると卒業後の活動にも差し支えそうです」(アイドルに詳しいライター)

 番組では、先輩の顔色を伺いながら行動することを求めた松村だが、ド派手なスキャンダルを起こした人間に「空気を読め」と言われても、説得力が乏しい。不倫の代償を払い終える日は、果たしてやってくるのか……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/26 09:00

ファンも呆れた乃木坂・松村沙友理の“老害芸”、卒業後の進路に影響か のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真