日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『この恋あたためますか』成功の鍵は助演にあり⁉︎

『この恋あたためますか』成功の鍵は助演にあり⁉︎ 石橋静河&仲野太賀がいいヤツすぎる

この恋あたためますか』公式サイトより

 10月27日、森七菜主演の火曜ドラマ『この恋あたためますか』(TBSテレビ系)の第2話が放送された。世帯平均視聴率は、初回から0.3%下げた9.1%(関東地区・ビデオリサーチ社調べ)だった。

 第1話で、“一番売れる”シュークリームをかたちにした樹木(森七菜)と新谷(仲野太賀)。しかし浅羽(中村倫也)から、社内でもう一つの有力なアイデアが提出されたことを聞かされる。そのアイデアを提出したのは、商品部スイーツ課の北川里保(石橋静河)だった。浅羽によってコンビニのアルバイトに戻っていた樹木だったが、どちらのアイデアを商品化するかを決めるために再びココエブリィ本社に呼び出される。浅羽はシュークリーム対決に勝てれば正式にスイーツ課の社員に採用してもいいと言い、樹木はその提案に乗る。ただし商品化するにあたっては、開発したシュークリームの味を変えないままで、販売価格を下げる必要があった。スイーツには詳しいものの、社会人マナーには乏しい樹木の存在を、スイーツ課の面々は煙たがるが、北川だけは樹木を否定せず受け入れようとする。しかし、樹木はそれを素直に受け入れることができない。

 北川と旧知の仲であった新谷は、二人きりになったタイミングを見計らい「なぜコンペに参加したのか」「巧兄とやりあうためじゃないの?」と尋ねる。実は、北川と浅羽はかつて恋人関係だったのだ。新谷が指摘した動機をはっきりと否定した北川だったが、最新スイーツ店を訪れた先で、偶然にも浅羽と会ってしまう。どこかぎくしゃくしながらも、北川は「もう何も感じないね」と終わった関係であることを確認するのだった。

 一方、スイーツ開発を通して、新谷は樹木へ好意を寄せはじめていた。そんなとき、新谷は、連日深夜までの作業に眠ってしまった樹木の肩にそっとジャケットを掛ける浅羽のようすを目撃するのだが、なぜか声を掛けられずに身を引いてしまう。

 樹木の熱意に、スイーツ課の面々も動きはじめる。そして、スイーツ課のカリスマであったが浅羽によって異動させられてしまった一岡智子(市川実日子)も、自分がいなくなったことでかつての同僚たちが輝きはじめていることを感じる。そんな一岡も審査に加わり、迎えたシュークリーム対決。採用されたのは北川のアイデアだった。仕事の厳しさを知った樹木は、会社を飛び出してしまい、思わず新谷はそれを追いかける。しかし、樹木を先に見つけていたのは浅羽だった。浅羽は、樹木の努力を労うとともに、正式に社員として採用することを伝えるのだった。

 第2話では、スイーツ愛はありながらも言動が幼い樹木の成長が見られた。その傍らで、特に目を引いたのは北川と新谷の存在だ。第1話であまり存在感のなかった北川は、樹木とは正反対の仕事のできる大人な女性であることが描かれ、さらに浅羽の元カノであることが明かされた。新谷は、樹木への思いを深めながらも、浅羽の存在が障害になりもどかしい気持ちを抱えているさまはこちらまで切なくなる。

 時に無鉄砲に感じる樹木の性格は、視聴者が共感を持つには少し真っ直ぐすぎるきらいがある。しかし、北川や新谷など周囲の人物の心の機微が、それを補っているように思う。特に、今のところあまりに「当て馬」感のある新谷には、ぜひ報われてほしいと思う。

 急速に恋愛模様が動きはじめ、登場人物たちの魅力も分かってきた第2話。来週は、スイーツ課の一員になった樹木が、シュークリームの発売に向けて北川とともに奮闘するさまが描かれるようだ。

■番組情報
火曜ドラマ『この恋あたためますか?』
TBS系/毎週火曜日22時~
出演:森七菜、中村倫也、仲野太賀、石橋静河、佐野ひなこ、利重剛、市川実日子、山本耕史 ほか
脚本:神森万里江、青塚美穂
演出:岡本伸吾、坪井敏雄大内舞子
プロデュース:中井芳彦、黎 景怡
音楽:木村秀彬
主題歌:SEKAI NO OWARI 「silent」
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/koiata_tbs/

早乙女りこ(ライター)

東京生まれ神奈川育ちのフリーライター。映画・ドラマはジャンル問わず幅広く鑑賞しており、物語の展開を予想したり、役者の演技を複数作品で見比べたりすることが趣味。

さおとめりこ

最終更新:2020/10/28 16:17
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed