日刊サイゾー トップ > 社会  > Go Toトラベルを襲った厄介者とは

長期のバカンス旅行も白紙に?「Go Toトラベル」を襲った厄介者とは

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

あなたはGo To トラベルを利用したことがあるだろうか。2020年7月にキャンペーンがスタートし、多くの人が日本各地に旅行に行くようになった。直近でも1ヶ月で利用者数が倍増するなど、その利用は速度を増している。しかし10月30日に導入が発表された“泊数制限”が物議をかもしている。
今回は、観光による経済回復にブレーキをかけるかもしれない、泊数制限についてお伝えしていきたい。

2020年9~10月で利用者倍増のGo To トラベル

東京への旅行も解禁されたことで利用者は急増した

 観光庁によると、2020年7月15日に始まったGo To トラベル事業の利用人泊数(人泊とは延べ宿泊者数のこと)は10月15日までで約3138万人泊となった。9月の発表では約1689万人泊だったことを踏まえると、1ヶ月間で利用がほぼ倍増したことになる。これは10月1日に、東京都への旅行や都民が旅行する際にもキャンペーンを使えるようになったことが大きく影響していると考えられる。
 さらに宿泊施設等、事業参加者への給付金支給の審査期間の短縮やオンライン申請システムの導入なども目指していくことも明かし、さらなる利用の加速を促す姿勢を示した。

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2020/11/10 10:30
関連キーワード

長期のバカンス旅行も白紙に?「Go Toトラベル」を襲った厄介者とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

瓜田純士『ジョーカー』に返歌

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が、瓜田夫婦名義の4thシングル「WHO I...
写真