日刊サイゾー トップ > 芸能  > 渡部から批判の矛先が日テレ・『ガキ使』へ!

渡部から批判の矛先が日テレへ!『ガキ使』放送取り止めもDVDには収録してボロ儲け?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

渡部から批判の矛先が日テレへ!『ガキ使』放送取り止めもDVDには収録してボロ儲け?の画像1
写真/GettyImgesより

 多目的トイレなどでの複数の女性との不倫騒動で6月から活動を自粛していたアンジャッシュ渡部建が、12月3日に謝罪会見を開いたが、準備不足な回答に終始したことで、世間からは「大失敗」の烙印を押されている。

 一方で、批判の矛先は渡部以外にも向かっているようだ。

「会見はとにかく仕切りが悪く、進行がグダグダ。所属事務所の人力舎のスタッフは隅で傍観しているだけでしたね。もし、タレントを本気で守る気があれば、弁護士を同席させることもできたはず。日本テレビの大みそか特番『笑ってはいけない』の収録に参加していた件などは、事務所にも責任があるだけに、代わりに事務所側が経緯を説明する合いの手を差し伸べても良かったと思うのですが……。アンタッチャブルやオアシズ、東京03といった人気芸人ですら『渡部の事務所』だと後ろ指を指されるかもしれませんね」(スポーツ紙記者)

 また、人力舎以上のブーイングにさらされているのが、日本テレビだ。テレビ関係者が耳打ちする。

「今になって突如会見が開かれたのは、大みそかの『笑ってはいけない』が収録済みだと漏れたことが原因ですから、日テレの意向が働いたのは間違いない。その証拠に当初、会見は日テレ仕切りによる『復帰会見』となるはずだった。しかも、『笑ってはいけない』と総合演出が同じである『行列のできる法律相談所』の12月6日放送回に出演させるプランもあったといいます。ところが直前に、ダウンタウン・松本人志がツイッターで『オレと渡部の共演は当分無いと思うよ~』と投稿。大御所に放送NGを突き付けられたことで、日テレも会見の仕切りを放り投げるしかなかった」

 “会見失敗”を受け、日本テレビは4日、渡部の復帰について「今後も出演は見合わせます」とコメント。それでもネット上では、「日テレにも責任あるよこれ」「日テレはなんでここまで空気読めてないんだ」「あそこまで渡部にやらせて突き放すんなんてクズだろ」「日テレって視聴率のためなら何でもする民放で一番ゲスな局なんじゃないか」と批判が殺到する事態となっている。

 「渡部を擁護するファンが望んでいるのは、相方の児嶋一哉が一人で踏ん張っている『白黒アンジャッシュ』(チバテレビ)での復帰。同番組にサンドウィッチマンや、おぎやはぎ・小木博明、いとうあさこら芸人仲間がゲスト出演して番組を支えているのも、同じ気持ちだからでしょう。しかし、おそらく日テレは大みそかの放送は見送りつつも、その後に発売する番組DVDでは渡部の収録シーンを入れて儲けようするでしょうね。渡部の復帰は『ガキ使』のDVDとになる…なんてこともあるかもしれません」(前出・テレビ関係者)

 現状では、渡部にとっては「会見損」でしかなかったようだが……復帰できる日はくるのだろうか。

最終更新:2020/12/06 08:00

渡部から批判の矛先が日テレへ!『ガキ使』放送取り止めもDVDには収録してボロ儲け?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

東京月島高利便性の半面で心配は…

今回は、予想を超え、大いに盛り上がり、一時は物々...…
写真
インタビュー

Kダブ語るトランプ「忖度しない型破りな政策」

 パート1では、Kダブシャインがトランプを支持するまでの経緯を見たが、本稿ではさらに...
写真