日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 阪神、球団運営の迷走が浮き彫りに

阪神、球団運営の迷走が浮き彫りに…「迫力ない」トレード&戦力外獲得報道の裏事情

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

阪神、球団運営の迷走が浮き彫りに…「迫力ない」トレード&戦力外獲得報道の裏事情の画像1
写真/GettyImagesより

 先月末、読売ジャイアンツから金銭トレードで山本泰寛選手の獲得が分かったプロ野球・阪神タイガース。ここにきてトレードや戦力外となった選手の獲得報道が、次々とされているがどうも様子がおかしい。

 山本の後に報じられたのは、千葉ロッテマリーンズに今シーズンの途中から加入した左投手のチェン・ウェインの獲得交渉ネタだ。中日ドラゴンズで活躍後、メジャーリーグに移籍し59勝を記録していたチェン。今年は0勝3敗と勝ち星こそ恵まれなかったものの、防御率は2・42とまずまず。

 プロ野球関係者は「阪神側は、何よりも150キロに届くようなストレートをいまだに、投げられることを高く評価している」と話す。

 このほか、阪神は2013年に福岡ソフトバンクホークスでドラフト1位だった加治屋蓮投手、同年1位だった中日ドラゴンズの鈴木翔太投手の2人を獲得に向けて調査していると報道もあった。いずれも今シーズン終了後、戦力外通告を受けており商談がまとまれば話は進むが、何だか迫力がないメンツばかりだ。

 この状況に別のプロ野球関係者は「すでに阪神球団幹部は、FA補強に消極的な旨を表明しています。実際のところ、コロナ禍で補強予算がかなり抑えられているとの情報があって、他球団のお古ばかりを集めないと何もできない」と事情を明かす。

 さらに「トレードなどをまとめる編成担当は何をやっているんですかね。今回、明らかになっている選手たちのうち、1人くらいは獲得できるでしょうけど、これではトレードの中身よりも実績稼ぎと揶揄されても仕方がない。こんなことは、熱心な阪神ファンなら分かることだろうに。これでリーグ優勝、日本一なんて絵に描いた餅ですよ」と苦笑するが……。

 この球団、どこまで迷走するのだろうか。

最終更新:2020/12/07 00:00

阪神、球団運営の迷走が浮き彫りに…「迫力ない」トレード&戦力外獲得報道の裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

小岩が「夜ふかし」の悪イメージから生まれ変わる!?

 東京都江戸川区に位置する小岩は、今でも下町風...…
写真
インタビュー

瓜田純士「人生3回目の花が咲く?」

 東京五輪イヤーが幕を開け、日本は果たしてどう変わるのか? 千里眼とプロファイル力を...
写真