日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 阪神・オーナー球団社長兼任で補強費問題浮上

阪神・藤原オーナー球団社長兼任で補強費問題が浮上! 経営陣も人材難か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

写真/GettyImagesより

 プロ野球、阪神タイガースの藤原崇起球団オーナーが、12月から次期球団社長に就任することが内定した。今月中旬以降に開かれる阪神電鉄取締役会で正式決定後、発表される見込みだ。

 今回のような球団オーナーと球団社長の兼任は球団史上初。球団社長をめぐっては、揚塩健治現球団社長が今年、チーム内で2度の新型コロナウイルス集団感染など球団の管理不足の責任を取り、12月1日付けで退任することを発表している。

 プロ野球OBは「当初、藤原オーナーは兼任に難色を示していたという情報もあったが結局、誰もやりたがらないので自分で引き受けるほかなかった。今や阪神電鉄の親会社、阪急阪神ホールディングスにとってはいち孫会社の立場であるタイガースですが、そうは言っても、やはり社会的な影響力は大きい。失敗すれば、すぐさま阪急側のプレッシャーが大きくなるのは避けられない」と語る。

 また、先日のオーナー報告会の場で藤原オーナーは今オフの選手補強の資金問題について「ご心配なく」としたが、前出のOBは「“ご心配なく”の後、何も言っていない。それはなぜか? 補強費をどこまで出せるか、今や自分の権限がない。ほかに実務者がいるのですが、メディア関係者のなかにはそんな事情すらわからず『来年こそは矢野阪神優勝!』と早くも威勢のいい報道が出る。球団もですが、それを報じる者、双方のレベルがしれてますね」と呆れてしまっている。

 こんなノリでは来年、巨人を倒してリーグ優勝なんて夢のまた夢だろう。

最終更新:2020/11/17 23:00

阪神・藤原オーナー球団社長兼任で補強費問題が浮上! 経営陣も人材難かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

芸能界のドンが有吉を潰さなかった理由

 人気バラエティタレントの有吉弘行と、フリー...…
写真
インタビュー

里咲りさ×鈴木咲スペシャル対談

前回の倉持由香さんとの対談に続き、連載2回目に登場いただく対談相手は、倉持さんの友人でも...
写真