日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 阪神、新主将大山に「そんなタイプじゃない」の声

阪神、新主将大山に「そんなタイプじゃない」の声…番組出演で露呈した人材不足

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

阪神、新主将大山に「そんなタイプじゃない」の声…番組出演で露呈した人材不足の画像1
写真/GettyImagesより

 来シーズンからチームの主将を担うプロ野球、阪神タイガースの大山雄輔選手。だがすでに周囲からは、重役を果たせられるのか、懐疑的な視線が向けられている。

 今年はキャリアハイの28本塁打、85打点を残したのは及第点。先日、阪神ファン御用達の応援番組に出演し、ライバルの読売ジャイアンツ、岡本一真選手のことは「意識していた」と告白。来シーズンは「打点王を目指す」と力を込めた。

 そんな大山が来年からチームの中心を担うのは結構な話だが、周囲からは「そんなタイプじゃない」と指摘する声が多いようだ。

 プロ野球OBは「まずもって言えるのは、大山は言葉やキャラクターで引っ張るタイプではない。かといって、背中で引っ張るにも実績が足りなさすぎる。矢野燿大監督をはじめ首脳陣は世代交代と大山に自覚を持たせるために選んだかもしれないが、向き、不向きってのはやっぱりあるからね」と吐露する。

 このOBがさらに気にしたのは番組内で、普段ともに行動するメンバーに盗塁王、近本光司選手の名前を挙げたことだ。

「同級生というのもあるだろうが、完全にこの2人はわが道を行くタイプ。成績はそこそこ残すのでしょうけど、チームをまとめるタイプではありません。誰とでもコミュニケーションが取れて、尚且つ近本とも仲がいいなら問題ないのですけど……」(同)

 今回の人選は、いわばキャプテンシーがある人材が全く育っていない証拠。福留、能見、藤川らチームを鼓舞できるベテランが一気に抜けた来年、こんな状況では苦戦が強いられそうだ。

最終更新:2020/12/06 22:00

阪神、新主将大山に「そんなタイプじゃない」の声…番組出演で露呈した人材不足のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

マルチ商法の本職からスカウト

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

『満州アヘンスクワッド』インタビュー

関東軍の兵士として満州にやってきた日方勇(ひがた...…
写真