日刊サイゾー トップ > 芸能  > 渡部会見、現場の芸能リポーターが“熟練”だらけ

渡部建謝罪会見、現場の芸能リポーターが“熟練”だらけに! 血みどろ会見になった裏事情

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

渡部建謝罪会見、現場の芸能リポーターが熟練だらけに! 血みどろ会見になった裏事情の画像1
写真/GettyImagesより

 多目的トイレなどでの複数の女性との不倫騒動で6月から活動を自粛していたお笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建が3日、都内で謝罪会見を行った。

 会見は1時間40分にわたったが、囲み会見形式で行われ、渡部の周辺を取り囲んでマイクを向けたのは、芸能マスコミでは知られている百戦錬磨の熟練リポーター軍団だった。

「俳優の渡辺謙、東出昌大の不倫会見の時も囲み形式で、熟練軍団が取り囲み容赦も忖度もない質問を連発。2人ともすっかり“ノックアウト”されてしまった。おそらく、2人にとって囲みはトラウマなのでは」(芸能記者)

 案の定、渡部の会見でもリポーターたちからは、「なぜ、(不倫の場所が多目的)トイレだったのかを、まだうかがってないんですけど」「女性に1万円を手渡したのは、どういう意味か?」「(不倫の)お相手が複数いるが、性的なことに依存しているということでしょうか?」などなどの質問が浴びせられ、渡部のみならず、リポーターたちにも批判が浴びせられる事態になってしまった。

「ひと昔前は亡くなった梨元勝さん、須藤甚一郎さんらリポーターたちがバリバリ活躍していた。不倫問題でも彼らの場合、いわばプロレス的な感じで“逃げ道”をつくったりするなど人情派が多かった。ところが、今回の会見を見るまでもなく、最近のリポーター軍団が投げ込むのは“ド直球”ばかりで相手を追い詰めることしか考えていない」(テレビ局関係者)

 それにしても、なぜ、いつの間にかリポーターは、若手が育っていないのだろうか。

「昔は民放キー局各局がリポーターを抱え、稼働する機会が多く、年収が4ケタ超えのリポーターも大勢いた。ところが、今や各局はコストカットでリポーターを抱えるこもなくなり、正直、食えないのでなり手がいない。そうしているうちに、世代交代がまったく進まないことが原因」(同)

 このままだと、そのうち、会見からリポーターを締め出す芸能人も出て来そうだ。

最終更新:2020/12/09 00:00

渡部建謝罪会見、現場の芸能リポーターが“熟練”だらけに! 血みどろ会見になった裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「異色のコラボ」カップ麺3選択

 世の中には、ファッションや音楽など、コラボ商...…
写真
インタビュー

ジョブズもハマった禅僧、驚愕人生と素顔

 スティーブ・ジョブズが師と慕い、一時は生活を共にした禅僧・乙川弘文(おとがわ・...
写真