日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > アンジャッシュ渡部、後味悪すぎた“フルボッコ会見”

アンジャッシュ渡部、後味悪すぎた“フルボッコ会見”…結局戦犯はだれだ?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

アンジャッシュ渡部、後味悪すぎたフルボッコ会見…結局戦犯はだれだ?の画像1
写真/GettyImagesより

 東京・六本木の多目的トイレにおいて女性との不倫が報じられたお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建が3日に開いた謝罪会見を巡って、その後、芸能マスコミ関係者が世間から猛バッシングを受けている。

 9日に放送された『バイキングMORE』(フジテレビ系)には、会見に出席した島田薫リポーターが出演。

 渡部の会見以降、「大変、お叱りの言葉などたくさんいただいた」とコメントした上で、「ひとつひとつ自分たちで検証したり、いろんな方にお話を聞いたり。会見はどうあればよかったのか。ここ何日か、考えていた」と話した。

 在京テレビ局制作スタッフは「渡部の会見は素材としてふんだんにある上、使用時間も無制限。ニュースを作るには楽ですが、視聴者からの苦情も来ているようで、上層部が『執拗に放送するな』と非公式に通達がきているほど。それだけ、世間があの会見に関心を寄せている証でもある」と話す。

 とはいえ、今回批判を受けているのは歯切れが悪かった渡部とともに、「我々もガキの使いで来ているわけじゃない」などとまくし立てた芸能マスコミ側にも、その矛先が向けられている。

 この事情について、在阪テレビ局情報番組ディレクターは次のように語る。

「今回、ヤジまがいの声が飛んだのは、煮え切らない渡部の対応にイラついた芸能マスコミの心の叫びみたいなものでした。せっかく会見に出向いてるわけですし、番組で使われるためにも盛り上げるのがリポーターの仕事のはずですからね……。問題は、テレビならば批判が会った部分はカットしたりできるんですが、これらが今、ネットニュースでつぶさに報じられ、ABEMAなどの配信系チャンネルでも完全生中継されるなど、編集の手が入らずそのままスルーで流れてしまう。それでも、会見を盛り上げるためには強めにせめないと、とリポーターは思ってしまったんでしょうね。それが時代にそぐわなくなってきているのも事実ですが……」

 一方で、テレビ側による編集をヘイトする風潮も、特にSNSユーザーの間では根強くある。視聴者が関心あることを放送するのがテレビのひとつではあるが、思いが行き過ぎて結果的に誰ものぞまぬ形になってしまったならば、改める部分が必要だろう。

最終更新:2020/12/11 17:00

アンジャッシュ渡部、後味悪すぎた“フルボッコ会見”…結局戦犯はだれだ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

元美容部員が解説“メンズメイク”のススメ!

 メンズメイクという新しい言葉をテレビやメデ...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(前編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真