日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 桑田の巨人コーチ解禁はあの人物の影響力がなくなった証左⁉

清原はイライラ? 桑田真澄の巨人コーチ解禁はあの人物の影響力がなくなった証左⁉

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

清原はイライラ? 桑田真澄の巨人コーチ解禁はあの人物の影響力がなくなった証左⁉の画像1
写真/GettyImagesより

 巨人ファンからは驚きの声が上がっている。

 1月12日の「スポーツニッポン」が、巨人の今季コーチングスタッフにOBの桑田真澄が入閣すると報じた。

 桑田は巨人のエースとして活躍、21年間在籍して通算173勝を挙げたレジェンド。巨人の黄金期を支えた元エースが15年ぶりに古巣のユニフォームに袖を通し、投手部門の強化を図ることになるという。

 このニュースにネット上では、「桑田世代としてはこれは嬉しい」「桑田は解説を聞いていても理論的で的確だと思う」「コーチをすることはないと思っていたのでびっくり」とのコメントが飛び交い、巨人ファンは概ね歓迎ムードのようだ。

 それにしても、なぜ今ごろになって桑田の入閣にGOサインが出たのか気になるところだ。スポーツ紙記者はあの人物の影響力が落ちているのではと推察する。

 「桑田は巨人を退団した後、メジャーに挑戦しています。巨人ではFAなどで自分から出て行った者に対してはコーチなどで呼び戻すことはありませんでした。それもあってか、桑田は巨人を諦めて他球団に売り込みをしていた時期もあり、読売グループのドンである渡辺恒雄氏が『今後、絶対に巨人の首脳陣にはさせん。巨人には出入り禁止だ!』との指令を下したとも報じられています。現在94歳の渡辺氏ですが、昨年インタビュー番組『渡辺恒雄 戦争と政治』(NHK)に出演。当初は『前編』とあったのが、後編がなくなり、再放送では『前編』が消えていたことから体調が心配されています。もはや、巨人の人事に口出しできるような状況ではないのかもしれませんね」(スポーツ紙記者)

 また、桑田の巨人復帰に不機嫌になりそうなのがKKコンビの清原和博だ。

「先日は、元横浜の“大魔神”佐々木主浩とユーチューブで対談。『優等生ぶってるヤツが本当の悪』と、規制音つきで挙げた“超大物”が桑田のことではないかとの憶測を呼んでいます」(週刊誌記者)

 球界から追放され、ネット上で陰口を叩くしかない清原に、桑田のユニフォーム姿はまぶしく映るに違いない。

最終更新:2021/01/16 09:00

清原はイライラ? 桑田真澄の巨人コーチ解禁はあの人物の影響力がなくなった証左⁉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

『青天を衝け』視聴率低下も心配なし

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真