日刊サイゾー トップ > 芸能  > 松平健、『ガキ使』でYouTube登録者数が急増も継続は厳しい?

松平健、『ガキ使』効果でYouTube登録者数が急増も…内容緩すぎで継続困難か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

松平健、『ガキ使』効果でYouTube登録者数が急増も…内容緩すぎで継続困難かの画像1
写真/GettyImagesより

 テレビの効果に本人も驚いたようだ。

 俳優の松平健が1月11日、自身のYouTubeチャンネル『マツケンTube』を更新。昨年大みそかの『ガキの使い!年越しSP絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時』(日本テレビ系)に出演したことで、登録者数が4000人弱から5万9500人に急増したと明かした。

「番組では、大物枠で松平が“笑いの刺客”として初出演。自身の代表作である『暴れん坊将軍』に扮し、白馬のぬいぐるみを腰にはめて、『わしが夏に始めたYouTubeチャンネルが伸び悩んでいるのを愚弄しておるのか!』とのセリフで出演者を笑わせ、『OUT』をもぎ取っていました。松平はYouTubeで『笑ってはいけない』出演を振り返り、『暴れん坊将軍』のイメージが壊れることの不安があったことを吐露。登録者数については実際には気にしていなかったと言うが、急増したことには、『うーん、こんなに増えちゃって、どうしようかと』と困惑の表情を浮かべています」(芸能ライター)

 番組で初めて松平がYouTubeをしていたことを知ったという人も多いようだが、前出の芸能ライターがその内容をこう明かす。

「松平の過去のユーチューブ動画を覗いてみましたが、これで稼ごうとは思っていないのか、『カップヌードルのちょい足し』『塩しょうが役を作ってみた』『マツケンTシャツを作りました』など緩い企画が目立ち、視聴回数も1万以下のものがほとんどでした。『マツケンBEST3』というインタビューでも、ドラマ『美味しんぼ』(フジテレビ系)でおいしい料理が食べられた、『暴れん坊将軍』スペシャル(テレビ朝日系)で沖縄ロケに行けた、映画『ストロベリー・ロード』撮影の合間にサンフランシスコに行ったと、テレビならボツになりそうな回答が連発されていました。これでは登録者数が伸び悩んだのも無理はないでしょうね(笑)」

 『笑ってはいけない』放送後には「一番面白かった」とのツイートも目立っていた松平。テレビ効果で一時的に視聴者数は増えているかもしれないが、 ずっと見続けてもらうためには、内容にひと工夫が必要そうだ。

最終更新:2021/01/19 14:09

松平健、『ガキ使』効果でYouTube登録者数が急増も…内容緩すぎで継続困難かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

「部落問題」を明るく語り合う実録映画

 マスコミタブーのひとつ、よく分からないから...…
写真
インタビュー

能條愛未のキャリアを深掘りして見えてきたもの

 新宿・紀伊國屋ホールの改修後、演劇公演第一弾となる『新・熱海殺人事件』。これまで紀...
写真