日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 小川彩佳アナ『news23』不調続き

『news23』を〝リストラ〟されたら休業状態になりそうな小川彩佳アナ

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

『news23』を〝リストラ〟されたら休業状態になりそうな小川彩佳アナの画像1
小川彩佳オフィシャルブログより

 TBSの看板ニュース番組『news23』のメインキャスターをつとめている元テレビ朝日でフリーの小川彩佳アナだが、先日、「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた医療ベンチャー「メドレー」元社長の豊田剛一郎氏の不倫報道についてはひとことも触れていない。

「ニュース番組ゆえ、ネタとして扱いづらいジャンルではあるが、もともと雰囲気が暗めだった小川アナ、夫の不倫でさらに雰囲気が重苦しくなってしまった。もし、番組内で夫のことを謝罪するなど、なんらかの形で言及して吹っ切れば、視聴者の共感を得て視聴率があがったかもしれない」(TBS関係者)

 このところ、相変わらず視聴率は3~4%台。この先、現状から視聴率がアップしそうな要素はなかなか見当たらないが、一部報道によると、すでに後任の候補者が絞り込まれ、そのリストが出回っているのだとか。

 そこにはNHKの桑子真帆アナ、同局の夕方のニュース『Nスタ』でMCを担当するタレントのホラン千秋、ともに元テレビ朝日でフリーの宇賀なつみアナと竹内由恵アナ、さらには女優業にシフトし始めている田中みな実アナの名前もあったというのだ。

「このまま数字が回復しないようだと、小川アナは遅くても来年春の改編までには〝リストラ〟か、という話がスタッフの間でも出回っています。ただ、気になるのがその後の仕事ですよね……キャスター以外の仕事がみえてこない」(同)

 同じ元テレ朝の宇賀アナは古巣での仕事がメインで、良好な関係ぶりをうかがわせているが、どうやら小川アナは古巣からお呼びがかかることはなさそうだというのだ。

「退社前にTBSと内々に『TBS』のキャスター話を進めていたことに、テレ朝の上層部が激怒。夫の不倫に関しても、テレ朝の情報番組で『これでもか』というほど繰り返し報じていたので〝出禁〟に近いのでは。かといって、バラエティーのMCなどの仕事はできないので、他局からもいまのところお呼びがかからなさそうです」(芸能記者)

 夫と別居中で離婚もありそうな小川アナだが先行きが不安定なだけに、もしそうなればたっぷり慰謝料と養育費を夫に支払ってもらうことになりそうだ。

最終更新:2021/02/15 20:00

『news23』を〝リストラ〟されたら休業状態になりそうな小川彩佳アナのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

「普通ではやらない東京五輪」は人命を犠牲にする暴挙か

今週の注目記事・第1位「4歳娘と無理心中...…
写真
インタビュー

さらば青春の光インタビュー

 ときにはガチの元セフレが出演し、ときにはエピソードトークの内容検証のためにADがパ...
写真