日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > プロ野球選手のコロナ禍キャンプ

21年シーズンのプロ野球選手の成績がだだ下がり!? コロナ禍キャンプで外出&外食禁止の微妙なボーダーライン

文=日刊サイゾー

21年シーズンのプロ野球選手の成績がだだ下がり!? コロナ禍キャンプで外出&外食禁止の微妙なボーダーラインの画像1
暑い夏は戻ってくるのか?

 2月1日に一斉キャンプインしたプロ野球。新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年シーズンと同じく、大幅に行動制限を強いられている。

 グラウンドでは連日、白球を追いかけて練習を重ねる選手の姿がテレビや新聞、ネットニュースなどで報じられているが球場を離れると完全に「軟禁」状態だという。その実情を球界OBが語った。

「外出制限はかなり厳しく、基本姿勢は不要不急の外出は禁止。コンビニ、飲食店のテイクアウト、海辺の散歩などは許可されていますが、とある球団は『繁華街には絶対に近づくな』と厳しい通達がきている。宿舎から最寄りのコンビニが遠い場合は、練習帰りに移動車を途中で止めて買い物させたりするなどの配慮をしている球団もあるようですが……」

 外食はもっと厳しく「全球団禁止。これはどこに聞いても同じでした。飛沫感染を抑えるにはそこを徹底するしかないですから。キャンプ中って飲んで、女の子と合コンして、何ならお持ち帰りするのが唯一のリラックスタイムでもありますが、こればかりはどうしようもない。選手もうなだれているようだ」と話す。ただ、各球団のルールを細かく見ると濃淡はあるようだった。

「ある球団の宿舎は徒歩で行けるゴルフ場がありますが、プレーは禁止されています。他方、同じようにゴルフ場に隣接しているある球団の2軍はプレーが許されているとか。別のチームも球団内であれば飲食、入浴をしないことを条件にキャンプ休日のゴルフラウンドを許可しています」(同)

 普段とは勝手が違う、辛い思いをしながらキャンプをしていても、わずかに息抜きを許された球団とそうでない球団が混在してる。

「1か月間、宿舎に缶詰めされたら気が狂うでしょうね。息抜きができた、できないの差はかなり大きくそのままシーズンの成績にも跳ね買ってくるかもしれませんよ」(同)

 特別な環境下でのキャンプ、ストレス解消は大きなポイントになることだろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/16 21:00

21年シーズンのプロ野球選手の成績がだだ下がり!? コロナ禍キャンプで外出&外食禁止の微妙なボーダーラインのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

森喜朗氏の女性蔑視発言が海外でもいじられている!

「東京オリンピック・パラリンピックの組織員会...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活様式は大きく変わっている。不要不急の外...
写真