日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 静岡放送社長不倫辞任で古い体質あらわに

静岡放送社長、W不倫疑惑辞任の裏に地方に残る老舗メディアの悪しき体質

文=与良天悟(よら・てんご)

静岡放送社長&美熟女アナW不倫の代償の画像1
静岡新聞ウェブサイトより

 5日発売の写真誌「FRIDAY」(講談社)でW不倫が報じられた静岡新聞・静岡放送の大石剛社長について、同社は大石氏が社長を辞任する意向であることを公式サイトで発表した。

 同社のサイトで大石社長は「軽率な行動でお騒がせをし申し訳ございません。報道されたような不適切な関係は一切ありませんでしたが、今後は誤解を与えないような行動をとるように留意してまいります」とのコメントを発表した。

「FRIDAY」によると大石社長は、同局の原田亜弥子アナウンサーと互いの自宅とは別の住居で泊ったり、泊りがけでゴルフ旅行に出た様子などを報じ、2人を直撃した一部始終を4ページにわたり掲載している。キスシーンなどはないが、大石社長が原田アナの頭をポンポンと愛撫する姿や、個室のある「米ぬか酵素風呂」から仲良く出てくる姿も。騒動を機に原田アナウンサーもレギュラー出演しているテレビ、ラジオ番組を当面の間、出演を見合わせすることが決まった。

 事情を知る放送関係者は次のように話す。

「静岡放送では以前より、幹部によるパワハラまがいの出来事が多いという情報が業界内で飛び交っていた。企業体質なのか風通しも悪く、それに嫌気をさして退社を決めた優秀な若手も多かった。こうしたことに嫌気がさしたのか、今回の報道も社内では身内からのリーク説が濃厚だともっぱら。今後も第2、第3弾が別の媒体から報じられるのではないかとみています」

 地方局とはいえ、トップをめぐる今回の社内不倫は、近年なかなか見られないゴシップだったが、別の民放関係者は「別に静岡放送だけじゃないよ」と苦笑いしながら実情を語る。

「今回の静岡放送、静岡新聞の最大の特徴はオーナー企業ということ。代々、社長など役員にも同族経営になっています。この形式の放送局は全国ほかのエリアにも今でも結構、ありますね。わざわざニュースにはなっていませんけど、不倫はもちろん、不正経理と思われても仕方がない金の使い方や、果ては社内の一部しか知らない投資をやっていたり。家族が警察のご厄介になることも多いですね。今回の件も、同じオーナー経営の放送局内では話題になっていますが『大石さんも、取締役を辞任しないなら一緒でしょ』って話。こういう人が幹部で残れば今後、さらなる離職を引き起こしかねない」

 いわば今回は社内リークにより社長が刺された形である。ただ、こうしたオーナー企業という老舗メディアの体質には、今後もチェックが必要なのかもしれない。

与良天悟(よら・てんご)

与良天悟(よら・てんご)

1984年、千葉県出身のウェブメディア編集者。某カルチャー系メディアで音楽や演劇を中心にインタビューなどを担当するほか、フリーで地元千葉県の企業の記事なども請け負っている。

最終更新:2021/03/10 07:00

静岡放送社長、W不倫疑惑辞任の裏に地方に残る老舗メディアの悪しき体質のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

光浦と大久保、コンビ芸人の時間の積み重ね

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真