日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > TOKIO、福島PR関連も後輩へ?

TOKIO、福島PR関連も後輩へ? 五輪PR辞退で露呈した層の薄さ… 音楽活動再開は絶望的

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

TOKIO、福島PR関連も後輩へ? 五輪PR辞退で露呈した層の薄さ… 音楽活動再開は絶望的の画像1
TOKIO J Storm 公式サイトより

 福島県が6日、東京五輪の聖火リレーで県内の南相馬市を走行予定だったTOKIOが、2020年12月に申し入れ県のPRランナーを辞退したことを発表した。

 同県は47都道府県を巡る聖火リレーの出発地。TOKIOは、日本テレビ系『ザ!鉄腕!DASH!』の人気企画「DASH村」で、2000年から福島・浪江町の里山を開墾し、農業などに挑戦。

 また、東日本大震災後は、農林水産物をPRするキャンペーン「ふくしまプライド。」のイメージキャラクターに就任。原発事故後の風評被害払拭のため、県産品の安全性をPRするCMを出演。さらには、16年9月、東京オリンピック・パラリンピックのフラッグが都内や全国を巡回する「フラッグツアー」のスペシャルアンバサダーに就任していた。

 さまざまな要因で大役をつとめることが決定していたが、同県によると、スケジュールの都合を理由に辞退したという。

「もともと、『フラッグツアー』のスペシャルアンバサダーはSMAPがつとめる予定だった。ところが、16年いっぱいで解散が決定したため、急きょ棚ぼたでTOKIOがつとめることになっていた。ところが、決定時はメンバーが5人いたが、スキャンダルによる不祥事で山口達也元メンバーが18年5月に脱退しジャニーズを退所。そして3月には長瀬智也がジャニーズを退所しTOKIOを脱退。長瀬の脱退は20年7月に発表済みだったが、残るメンバーの城島茂、国分太一、松岡昌宏の仕事といえばテレビ収録しかないはず。メンバー3人になって格好がつかなくなったので、辞退したとしか思えない」(スポーツ紙記者)

 長瀬の退社後、残りの3人は4月1日付でジャニーズグループの関連会社となる「株式会社TOKIO」の所属となりグループとしての活動を継続。

 社内独立の形となるだけに、レギュラー番組の『鉄腕』とフジテレビ系『TOKIOカケル』は継続することになりそうだが……。

「ベースの山口、ボーカルの長瀬が抜けて3人での音楽活動継続は、正直なところ難しい。それぞれ司会業や俳優業で個々の活動をこなすことになりそうだが、3人がそろうのはテレビ収録の時だけだろう。福島のPRCMなど、グループとしてことなしていた仕事は後輩グループに譲るのでは、といわれている」(テレビ局関係者)

 長瀬の脱退後、音楽活動再開を待ち望んでいたファンにとっては、ガッカリな展開になりそうだ。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/03/11 20:00

TOKIO、福島PR関連も後輩へ? 五輪PR辞退で露呈した層の薄さ… 音楽活動再開は絶望的のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家に嫁いだ悲劇の皇女・和宮物語

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真