日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 吉本興業を離れて花開いた有名人

カンニング竹山、ゲッターズ飯田、鬼龍院翔… 吉本興業を離れて花開いた有名人

文=日刊サイゾー

カンニング竹山、ゲッターズ飯田、鬼龍院翔… 吉本興業を離れて花開いた有名人の画像1
吉本興業 公式サイトより

 極楽とんぼ・加藤浩次が吉本興業とエージェント契約を終了することが波紋を広げている。

 3月10日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、カンニング竹山がこの件について言及。自身は19歳の頃に所属していた吉本興業から逃げ出していることから、「いま思うのは、あのとき逃げてよかったなと思ってますよね」と告白。逃げた理由について「吉本が嫌いだったから」とぶっちゃけた。

「竹山は吉本の福岡支社で『ター坊・ケン坊』として活動、同期には博多華丸・大吉がいました。福岡では竹山と華丸が2トップで、事務所もこの2人を売り出したかった。しかし、当時の所長はかなりのスパルタ教育だったらしく、竹山は3回逃亡した末に退所し、上京。そのおかげで、大吉にも出番が回ってくるようになりました。竹山は人気者になった華丸大吉をずっと敵視していましたが、大吉が竹山の東京での活動を応援していたことを知り、大号泣して和解しています」(放送作家)

 竹山同様、吉本を離れて花開いた人も多い。

「有名なところではスピードワゴンですね。現在はホリプロに所属していますが、芸人デビューは地元の名古屋よしもと。当時は小沢一敬、井戸田潤ともに違う相方と組んでいましたが、解散して、上京。今の地位に昇り詰めています。また、高い的中率を誇る覆面占い師のゲッターズ飯田もスピードワゴンと同じく、名古屋よしもとの芸人養成所出身。『ゲッターズ』というのはその当時のコンビ名で、全然売れなかったため、約6年で見切りをつけています。意外なところでは、ゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院翔も吉本の養成所である東京NSCに在籍していた過去がある。現在は『しずる』として活動する池田一真と『チョコサラミ』というコンビを組んでいましたが、方向性の違いから短期間で解散しています」(前出・放送作家)

 ともあれ、竹山が吉本芸人と「共演NG」にならないか心配だ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/16 20:08

カンニング竹山、ゲッターズ飯田、鬼龍院翔… 吉本興業を離れて花開いた有名人のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

最新作も配信作も!話題の映画特集

最新の映画から、ちょっとマニアックな作品、配信系作品まで
写真
人気連載

“箱の中身”が組み直すいくつかの関係

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

徳井・小沢と暮らした放送作家が予言する「第7世代の次」

 チュートリアルの徳井義実とスピードワゴン小沢一敬が、ルームシェアをしていたことを、...
写真