日刊サイゾー トップ > 芸能  > 芸能プロのらつ腕女社長の驚愕の仕事術

〝文春砲〟をくらった芸能プロのらつ腕女社長の驚愕の仕事術

文=日刊サイゾー

「〝文春砲〟をくらった芸能プロのらつ腕女社長の驚愕の仕事術」の画像1
スウィートパワー 公式サイトより

 引退した堀北真希さん、黒木メイサ、桐谷美玲らを輩出した大手芸能事務所・スウィートパワーの岡田直弓社長が所属女優にセクハラ行為を続けていたことを、「週刊文春」(文芸春秋/3月18日号)が報じた。

 記事によると、被害者はスカウトされて芸能界入りした、活動中の女優。岡田氏の自宅の寝室にはダブルベッドが置かれており、そこに、女性を呼び寄せ、体を触るなどのセクハラ行為を続け、女優も周囲に被害を訴えていたという。

 記事に対して同事務所は、一部の事実関係については「率直に反省しなければならない」としつつ、セクハラ行為は否定。「法的措置を含めた対応を検討」との見解を公式サイトで発表。徹底抗戦の構えだ。

「たしかに、昔から所属タレントへの距離が近過ぎたが、それだけ情熱を賭けている明かし。とはいえ、このご時世で同じやり方だとこういうことも起きてしまうが、そのらつ腕ぶりは芸能界で一目置かれている」(芸能プロ関係者)

 岡田社長といえば、現事務所を立ち上げる以前、女優の瀬戸朝香をスカウトしてデビューさせたことで知られているが、その仕事ぶりと審美眼がすさまじいものだったという。

「若いころは、某有名アイドルの親衛隊長をしていたので、どういう女性が芸能界で売れるのか、男性目線とは違うポイントで注目していた。まず、社員を都心ではなく地方に住ませ。社員は徹底的に『かわいい子はいない?』と聞き込み。〝ターゲット〟を発見したら社員が動画や写真を撮影。時にはストーカーに間違われることもあったようだ。そして、岡田社長のおめがねにかなえば、自らが現地に飛んで本人と家族を説得。その際、所属タレントを連れて行き、安心させるのが〝必殺技〟。さらに、なるべく、芸能界に興味がない子を仕込む育成方針だった」(芸能デスク)

 さらに、デビューさせてからのタレント管理も徹底していたという。

「社員は女性しかいないので、女性マネジャーをタレントと同じ寮に住ませ、〝悪い虫〟が付かないように徹底管理。とはいえ、その反動で、堀北さんも黒木も桐谷も社長の反対を押し切って結婚。堀北さんに至っては芸能界を引退してしまった」(同)

 最近では俳優部門に力を入れ始め、岡田健史がブレイク中。岡田社長は女優のみならず、俳優の発掘・育成能力も長けていたようだが、このご時世、仕事術の改善が必要だったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/15 21:00

〝文春砲〟をくらった芸能プロのらつ腕女社長の驚愕の仕事術のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

「なんかちょっと不幸そう」な田中みな実

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

コロナ以後の里山資本主義

『デフレの正体』(角川oneテーマ21/2010年)、『里山資本主義』(NHK広島取...
写真