日刊サイゾー トップ > 芸能  > 浅田真央にハグを仕向けた羽生結弦に批判殺到

「セクハラ」を援護射撃⁉ 浅田真央に安倍総理とのハグを仕向けた羽生結弦に批判殺到

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

「セクハラ」を援護射撃⁉ 浅田真央に安倍総理とのハグを仕向けた羽生結弦に批判殺到の画像1
羽生結弦 日本スケート連盟 公式サイトより

 あのスター選手がまさかのもらい事故?

 2月25日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委の新会長に就任した橋本聖子氏の「新たなセクハラ」を報じ、話題を呼んでいる。

「同誌では、橋本氏が日本スケート連盟会長(当時)で選手団団長を務めた2014年ソチ五輪閉会式後に、選手村で開かれた打ち上げパーティーで酒に酔い、フィギュア男子代表の高橋大輔に抱きつき、キスをする写真も掲載されていました。さらに今回の記事では、ソチから帰国した後の記念品贈呈式で、女子フィギュアの浅田真央に、安倍晋三総理(当時)との『ハグを強要していた』ことが指摘されています。この現場は政府インターネットテレビの動画に残っており、嫌がる浅田に何度もハグを勧め、最後は硬直した状態で安倍氏に触れられる様子が映っています」(週刊誌記者)

 そんななか、セクハラ強要の「共犯」扱いされているのが、同じく男子代表の羽生結弦。

「橋本氏に安倍氏とのハグを強要され、逃れようとした浅田が『じゃあユズくん』と羽生に振ったところ、『僕がしたら真央ちゃんもしないと』とまさかのブーメランに。最終的に嫌がる浅田がハグをせざるを得ないように仕向けたのが羽生だったことを世間が問題視しています」(前出・週刊誌記者)

 ネット上では「羽生の行動は、ザ・太鼓持ちですね」「同僚アスリートは明らかに嫌がっているのに権力者の側について煽った」といった批判コメントが飛び交い、「羽生も同罪」という声も多く聞かれている。

 羽生にとってはもらい事故のような「セクハラアシスト」騒動だが、彼がこの件に言及するのか注目だ。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/03/05 22:00

「セクハラ」を援護射撃⁉ 浅田真央に安倍総理とのハグを仕向けた羽生結弦に批判殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(最終回)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 【「天涯の標」Vol.2はこちら】 【「天涯...
写真