日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 嵐ラスト、セクハラ再燃、X JAPAN…芸能雑話

嵐は最後までピリピリ、ジャニー喜多川セクハラ再燃、X JAPANも内輪揉め?…週末芸能ニュース雑話

嵐は最後までピリピリ、ジャニー喜多川セクハラ再燃、X JAPANも内輪揉め?…週末芸能ニュース雑話の画像1
写真/GettyImagesより

記者I 明けましておめでとうございます。ということで、早速今週も芸能ニュース総括していきたいんですが、今週はデスクがお休みなので記者Tとお届けしたいと思います。

記者T まあ、年末年始のめでたい芸能ニュースといえば板野友美とヤクルトスワローズ・高橋奎二投手の結婚(参照記事)くらいで、あとはテレビの話題ばかりですね。

記者I 同じAKBでいうと前田敦子が太田プロをやめて独立しましたが、これもそこまで話題になっていない様子(参照記事)。満島ひかりを目指しているんじゃないかなんて話もありますが……(参照記事)。

記者T いやいや、女優としての実力が違いすぎますよ(苦笑)。AKB出身の女優で残りそうなのは、川栄李奈くらいかな~。ついに朝ドラヒロインにまで上り詰めたんだから、立派なもんですよね(参照記事

記者I 彼女たちの古巣のAKBも紅白落選で一層勢いが落ちそうなんですが、調子が良かった坂道シリーズもすでにピークアウトだなんて話も(参照記事)。

記者T 新型コロナの影響で握手会商法も続けられないし、それどころかライブ開催すら険しくなっている。女性アイドルだけじゃなくて、男性アイドルだってかなり苦しい状況なんじゃないですかね。K-POP系は来日ができないし、LDHもジャニーズもライブは延期続き。いくら大手とはいえ、今年もこの調子だといよいよ苦しいでしょうね。

記者I ジャニーズといえば、昨年末で活動休止した嵐ですが、ラストライブは取材陣を入れられないほどメンバー間がピリピリしていたようですよ(参照記事)。大野智の芸能界ドロップアウト宣言と、二宮和也の結婚が、メンバーの間に亀裂を作ったのは間違いなさそうです。

記者T 長くやっていれば、ずっと仲良しこよしで続けるのも難しいだろうし、ここでちょっと距離置いてクールダウンするのは賢明な判断だったかもしれないですね。

記者I しかし、これだけ大騒ぎして活動休止したって、どうせ2~3年くらいで戻ってくんでしょ。芸能界と覚醒剤は一度やったらやめられないんだから。

記者T 聞いたことない名言ですよ(苦笑)。でも嵐は歌も踊りもヘタだし、こんなアイドルがなぜか日本のナンバーワン扱いだからK-POPにお株を奪われるんだと思いますね。ジャニーズも若手はちゃんと歌って踊れるのも増えてきたから、今一度アイドルの育成を頑張ってほしいところです。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真