日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > w-inds.橘慶太「日本のメディアに出られない」

w-inds.橘慶太「日本のメディアに出られない」証言の衝撃… 芸能界に変革の兆し?

“ジャニーズ一強”体制が揺らいでいる

 w-inds.に対する扱いも象徴的だ。w-inds.はまだ一度も『ミュージックステーション』に出演できていないが、唯一、橘のみが、06年に本名名義でソロデビューした際にひとりでの出演が実現している。この時は、現在のソロ活動とは異なり、ダンスを披露することなくギターを弾きながら歌うポップロックをやっていたため、“ジャニーズとかぶらない”と判断されて出演できたともっぱらだ。

「EXILEやその弟分グループで目立つ、“踊らないボーカルとダンサーの組み合わせ”というグループ構成も、ジャニーズへの配慮から生まれたものだと囁かれています。ボーカルが踊らないことでジャニーズとのかぶりを回避し、『Mステ』にも出られているのでは……というわけです。実際、同じLDH内でも“女版EXILE”だったE-girlsはボーカルも普通に踊っていたわけで、あくまで男性アーティストに見られる“縛り”なんですよね」(芸能事務所関係者)

 ライジング系列では、DA PUMPの“出演解禁”よりも遡ること2年以上前、16年5月に三浦大知が『ミュージックステーション』への初出演を果たした。ソロ・デビューしてから実に11年もの月日を経ての出演ということで大きな話題を呼んだが、ここ数年は三浦やDA PUMPが同番組に出ることも珍しくない。風向きは変わりつつあると言えるのだろうか。

「LDHは19年に、全員マイクを持って踊るという、ジャニーズの向こうを張るBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEというボーイズ・グループを世に出しています。彼らはまだ単独では『Mステ』には出られていませんが、まだデビューして日が浅いですし、人気次第という面もあるでしょう。ただ、こういうグループをデビューさせた背景に、“ジャニーズ一強”体制が揺らいでいる業界の情勢もあるのでは。

 たとえば、ジャニーズとの関係が強いとされる日本テレビですが、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの初の地上波冠番組が3月30日深夜からスタート。その前には、2月2日から3月16日までの全6話という短い期間でしたが、FANTASTICS from EXILE TRIBEの冠番組も放送と、LDHとの関係も強化しつつあります。

 さらにこの4月からは、SKY-HIこと日高光啓(AAA)が主催するボーイズ・グループ発掘オーディション企画が『スッキリ』で放送されることも決まっている。日本のメインストリームで活躍できるボーイズ・グループはジャニーズだけ、という図式はどんどん崩れていくのではないでしょうか」(アイドル誌ライター)

 橘が「日本のメディアに出られなかった」と公に発言できたのも、こうした時代の移り変わりを反映しているのかもしれない。デビュー20周年を迎えたw-inds.が『ミュージックステーション』に出演する日が訪れるのはそう遠くないと期待したい。

加賀美ジョン(音楽ライター)

洋邦問わず、音楽にまつわる編集・ライティングで十数年。クレジットを眺めるのが趣味。

かがみじょん

最終更新:2023/03/14 14:16
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed